雨漏りした天井を調査するビジネスマン 住宅

 

強い雨が降った後に自宅の天井や壁から「雨漏り」していた場合、焦ってしまうことも多いと思います。

雨漏りは、雨が降るたびに発生する場合強い雨風が吹き込んだ時に突発的にに起こるケースがあります。

どちらにしても、雨漏りの放置は「カビや木部の腐食」の原因となりますので状況が悪化する前に原因調査修理などの対応をおすすめしています。

ここでは、雨漏りの原因や修理方法、そして横浜市での雨漏り修理どこに依頼するべきなのかをお伝えしますので参考にしてみてください。

 

 

雨漏りが発生する箇所や原因について

 

まず、どこから雨漏りが発生してしまうのかについて知っておきましょう。

主な雨漏り発生箇所は「屋根」、「外壁」、「ベランダ」となります。

 

屋根からの雨漏り

スレート屋根材

 

雨漏りでもっとも多く発生する場所と言えば、屋根です。なぜなら屋根は家のなかで、もっとも高い場所にあるからです。

たとえば、経年劣化や雨風、地震、台風などの影響により、スレートや瓦が浮いたりひび割れしたりする場合があります。

その不具合の個所に、雨水が浸入するというわけです。雨水が、どんどん建物内部に浸入することで天井も濡れてしまい、雨漏りになってしまいます。

 

外壁からの雨漏り

劣化した外壁

 

屋根以外にも、雨漏りが発生する場所があります。それは外壁です。

たとえば、コーキング材の劣化やひび、サイディングの反り、金具のサビ、破損などさまざまな理由で雨水が浸入してしまいます。

当然、雨水が浸入すれば建物内部から雨漏りが発生してしまうというわけです。

 

ベランダからの雨漏り

劣化したベランダ

 

意外かもしれませんが、ベランダからも雨漏りが発生してしまうことをご存知でしたでしょうか。たとえば、ベランダの壁や床がひび割れすると、そこから雨水が浸入し雨漏りになってしまいます。

それ以外には、ベランダに設置されている排水溝がなんらかの理由で詰まってしまうことがあげられます。排水溝にゴミや枯れ葉がたまると、水が流れなくなってしまい、床やサッシが劣化するというわけです。

屋根外壁だけではなく、ベランダからも雨漏りの原因になるため注意しましょう。

 

雨漏り修理は状況に応じた適切な調査と修理が重要?

屋根点検している職人

 

雨漏りが起きる原因は主に下記3点です。

主な雨漏り原因

・経年劣化による雨漏り

・施工不良による雨漏り

・台風時(強雨)の雨漏り

とくに経年劣化による雨漏りが、長期間雨水が入り込んでいるケースが多いため、被害状況も大きくなりやすいです。

雨漏り修理は、どこから雨水が侵入したのか特定することが難しく、適切な場所をしっかりと改善しないことには止まらないため、工事が長期化することもあります。

そのため、雨漏り箇所によって、適切な調査と修理が求められます。

 

雨漏りの調査方法

 

雨漏り調査の方法は、数多くありますが、轍建築では「目視調査」「散水調査」「赤外線サーモグラフィー調査」を行っています。

目視調査」を行えば、ほとんどの場合は原因を特定できます。

ですが、なかなか特定が難しい場合には、「目視調査」にプラスして「散水調査」と「赤外線サーモグラフィー調査」を平行して行い、雨漏りの原因を追究していきます。

 

目視確認

屋根点検
実際に雨漏りした「室内」とその付近の「屋根や外壁」を目視で確認していきます。
屋根外壁材の「割れや剥がれ、隙間、腐食、施工不良」などがないかをみて原因を追究していきます。

散水調査

散水調査
晴れた日に、雨漏りの原因と想定される箇所に下から順に水をかけていき調査していきます。
すぐに水がでてくるケースもあれば、長時間かけないと、水がでてこないこともあります。

赤外線カメラ

赤外線サーモグラフィー調査
散水調査の補助調査として、水を流した時の温度差によって、雨漏り経路や状況を特定していく方法です。
ですが、断熱材などで温度変化の特定が難しいこともあり、あくまで雨漏り調査の補助として活用しています。

 

雨漏り修理の方法

 

雨漏り調査を行って原因の特定ができたら、雨漏り修理を行っていきます。ですが、雨漏り修理といっても被害箇所によって施工方法が変わってきます。

下記では、一部の施工方法についてご紹介します。

 

屋根の雨漏り修理

屋根下地の腐食
【雨漏り被害の事例】
屋根からの雨漏りはもっとも多く、経年劣化や施工不良による影響が原因で漏ることがあります。
【修理方法】
屋根が原因で雨漏りした場合には、対象箇所を部分的に張替えるか、状況によっては全体的に張り替えます。

笠木の雨漏り修理

笠木下地の腐食
【雨漏り被害の事例】
屋根に続いて多いのが、笠木からの雨漏りです。
笠木は、下からの風雨が吹き込みやすく、木下地が腐食すると、そのまま室内に流れ込みます。
【修理方法】
下地が腐食してしまった場合には、下地から補修を行い、新しく板金工事を行って仕上げていきます。

ドーマーの雨漏り修理

外壁コーキングの劣化
【雨漏り被害の事例】
ドーマーは、屋根の上につけられた空間(外壁)の事で、この外壁と屋根の取合いからも雨漏りがよく発生します。
【修理方法】
部分的にコーキングや塗装で補修してしまうこともありますが、屋根と外壁部分を板金でカバーして修理する方法が多いです。

雨樋の雨漏れ修理

雨樋の水漏れ
【雨漏り被害の事例】
雨漏りではありませんが、雨樋からの雨漏れも快適な環境に影響を及ぼします。
雨樋が歪んだり、割れてしまうと滝のように雨水が下に流れ落ちます。
【修理方法】
雨樋の交換や補修して改善していきます。

天窓の雨漏り修理

天窓まわりの劣化
【雨漏り被害の事例】
天窓から室内に雨漏りがよく起きます。天窓のコーキングの劣化や、天窓と屋根材の取合い部分から水が侵入します。
【修理方法】
天窓のコーキングを補修するか、板金でカバーして改善していきます。屋根との取合いの場合は、屋根修理と天窓の交換が必要です。

ドレン排水の雨漏り修理

ドレン排水の劣化
【雨漏り被害の事例】
ベランダ床の排水口ドレンとそれを受ける集水器の継ぎ手を繋ぐ鉄パイプが錆びて劣化して雨漏りすことがあります。
【修理方法】
ドレン排水内部のパイプの交換と、ベランダ床の防水や軒天交換や木下地交換が必要となります。

 

雨漏りによる2次被害とは?

室内の雨漏り調査

 

雨漏りを放置してしまうと、2次被害が発生する場合があることをご存知でしょうか?

快適な生活に支障が出るだけではなく、さまざまな被害が起こります。

雨漏りは一見、悪い影響がなさそうに見えますが、まったくもってそうではありません。むしろ、雨漏りが発生している時点で予想をはるかに超える悪影響がありますので、かならず知っておいてください。

 

木材の腐食

野地板の腐食

 

実は、雨漏りが発生している裏で、とんでもないことがおきている可能性があります。

それは、建物内部の木材が腐ることです。どんなものでも、ジメジメしている場所に長くいれば腐ってしまうのは想像にたやすいことではないでしょうか。

雨漏りが発生しているということは、建物内部が雨水で満たされているわけですから、多湿の環境が整っているというわけです。

しかも、建物内部は太陽光が入らないため、ひとたび雨水が浸入すれば、どんどん木材が湿っていきます。結果的に、木材が腐ってしまい家として成立しなくなってしまいます

ですから、たかが雨漏りと思ってしまうかもしれませんが、放置すると悲惨な目に合ってしまうためすぐにでも対応するべきと言えます。

 

シロアリによる木被害

シロアリ被害

 

雨漏りが発生すると同時に、心配しなければならないことがあります。

それはシロアリによる被害です。とくに湿気が多い木材は、シロアリにとって最高の食べ物です。

雨漏りが発生しているということは、すでに建物内部は湿気で充満している可能性が高いため、シロアリもすでにいるかもしれません。

シロアリは所詮アリですし、とても小さいため大丈夫だろうと思ってしまうかもしれません。ですが木材を食べますので、放置すると柱がまるまる1本なくなることもあります。

もし、シロアリを外部で発見するようなことがあれば、早急に対応が必要です。

 

カビによる健康被害・シックハウス症候群の危険性

カビの発生

 

雨漏りによって木の柱などに水が染みこむと室内の湿度が高まり、結露を起こすことにより、カビが発生します。

カビも一見、見た目が汚いだけでそれ以外には影響がなさそうに見えてしまうものです。しかし、カビには毒があるため最悪、気管支喘息やアレルギー性鼻炎などの病気になってしまう可能性があります。

また、建材に含まれている化学物質などが原因で起こる健康障害のことを「シックハウス症候群」といいます。

このシックハウス症候群は雨漏りが原因で引き起こされる可能性がありますので注意が必要です。

 

漏電被害

漏電

 

雨漏りによる2次被害で「漏電」もその1つです。

雨漏りによって雨水が家屋に流れて、電化製品が濡れてしまい漏電が起こる可能性もあります。

漏電は電化製品を故障させてしまうだけでなく、火災などを引き起こすこともあるので大変危険です。

 

2次被害を防ぐために

雨漏りは、どのような箇所が原因でも放置してしまうと、2次被害の危険性があります。

放置してしまうと、被害はどんどん大きくなりますし、修理も大掛かりなものになりやすいです。

そのため雨漏りは、気づいた時点で早めの修理を行い、対処していくことがとても大事です。

 

横浜市で評判の良い雨漏り修理業者の選びかたについて

現場監督

 

もし、雨漏りが気になって修理をお願いしたいとなったときに、どこかの業者へ問い合わせをするはずです。

しかし、横浜市に限定してもたくさんの専門業者が存在しているため、どこに問い合わせするべきなのかをまよってしまうものです。

そこでここからは、横浜市で評判の良い雨漏り修理業者の選びかたについてお伝えします。

 

迅速に対応してくれる

 

緊急性の高いトラブルは、1分1秒でもはやく解決したいと思うものです。

それは雨漏りにも該当するのではないでしょうか。

雨漏り修理の業者に問い合わせをしたが、予約で埋まっておりかなり先の日程を指定された場合、絶望感でしかありません。

ですから、問い合わせから迅速に対応してくれる業者がベストと言えます。

 

気軽に相談をうけてくれる

 

突然、自宅の天井から雨漏りが発生すると、とても焦ってしまうのではないでしょうか。

ですから専門の業者に問い合わせをして、対処してもらうというわけです。

そんなときに、不安なことや疑問なことを業者に質問して、わかりやすく答えてくれたら非常に安心と言えます。

 

保証がしっかりしている

 

当たり前かもしれませんが、しっかり対応してくれる業者であれば、最後まで責任をもって施工してくれます。

しかし、100%完璧に施工したとしても、予期せぬトラブルもあります。

仮に保証がないと、あらたに修理費用が発生する可能性があるため、万が一のときの保証がしっかりしている業者を選ぶようにしましょう。

 

雨漏り修理の実績が豊富

 

雨漏りは、さまざま原因によって発生してしまいます。

雨漏り修理の診断や修理の経験がないと、適切なアドバイスや修理ができなくなってしまいます。

ですから、可能な限り雨漏り修理の実績が豊富だったり資格をもっていたりする業者を選ぶべきと言えます。

 

工事内容をわかりやすく説明してくれる

 

雨漏り修理のプロはすべて理解していますが、依頼主からすれば、何が原因でどういう施工をしなければならないのかがわかりません。
そんなときに、専門用語だらけの工事内容を説明された場合、頭にはハテナマークしかでてこないはずです。

ですから、初心者でもわかるような言葉で、納得できる工事内容を説明してくれる業者ですと安心と言えます。

 

適正価格で案内してくれる

 

どんなサービスでも、相場より高すぎるのも安すぎるのもイヤなはずです。

なぜなら相場より高い場合は、ぼったくられ感がありますし、安すぎると手抜き工事をされそうなイメージがあるからです。

もちろん、安いにこしたことはありませんが、企業努力で安くしているか適正価格を掲げているような業者を選ぶようにしましょう。

 

横浜市の雨漏り修理はお任せ!質問・お見積もり依頼はお気軽に!

横浜市の雨漏り修理はお任せを

 

横浜市だけでも雨漏り修理業者がたくさん存在しているため、どこに問い合わせするべきなのかを迷ってしまう方も多いでしょう。

そんなときには、横浜市で雨漏り修理を行っている轍建築へお任せください。

雨漏りが発生すると、少しでもはやく原因を知りたいのと解決したいはずです。当社では、「地域密着」を掲げどこよりも「スピーディー」に「安価な料金設定」で対応しております。

また、横浜市で豊富な施工実績があり、熟練した職人が作業に当たります。

お見積もりは無料ですし、無理な営業は行いませんので検討段階でも安心してご連絡ください。

 

横浜市・川崎市内全域で対応中!!

お問い合わせ方法は「お電話・メール・FAX」に受け付けております。

お問い合わせはこちらから>>

 

横浜市内の施工実績はこちら↓↓

横浜市での雨漏り修理の施工事例一覧

 

屋根雨漏り横浜市南区|屋根造作施工後
横浜市南区 Y様邸
屋根造作工事
green
下屋根雨漏り横浜市磯子区|屋根部分葺き替え施工後
横浜市磯子区 I様邸
屋根部分葺き替え工事
green
玄関屋根雨漏り横浜市南区|玄関ポーチ改修施工後
横浜市南区 I様邸
玄関ポーチ屋根改修工事
green
屋根雨漏り横浜市南区|屋根葺き替え施工後
横浜市南区 T様邸
屋根葺き替え工事
green
ハト小屋雨漏り横浜市磯子区|屋根外壁カバー施工後
横浜市磯子区 Y様邸
屋根外壁カバー工事
green
屋根雨漏り横浜市保土ヶ谷区|屋根葺き替え施工後
横浜市保土ヶ谷区 K様邸
屋根葺き替え工事
green
屋根笠木雨漏り横浜市磯子区|屋根カバー施工後
横浜市磯子区 M様邸
笠木修理・屋根カバー工事
green
屋根雨漏り横浜市都筑区|屋根カバー施工後
横浜市都筑区 W様邸
屋根カバー工事
green
屋根天井雨漏り横浜市青葉区|軒天張替え施工後
横浜市青葉区 K様邸
軒天張替え、瓦補修
green
ベランダ・天窓雨漏り横浜市青葉区|ベランダ雨漏り修理施工後
横浜市青葉区 S様邸
ベランダ・天窓雨漏り工事
green
屋根雨漏り横浜市鶴見区|屋根カバー施工後
横浜市鶴見区 T様邸
屋根カバー工事
green
屋根雨漏り横浜市青葉区|下屋根葺き替え施工後
横浜市青葉区 T様邸
屋根葺き替え工事
green
屋根ケラバ雨漏り太陽光張り
横浜市港北区 A様邸
屋根葺き替え工事
green
ドレン配管雨漏り陸屋根防水施工後
横浜市都筑区 N様邸
ドレン補修、笠木カバー
green

雨漏り修理NAVI

 

太陽光パネル
太陽光設置による雨漏りリスク
詳細はこちらボタン
ベランダ笠木
笠木からの雨漏りの原因について
詳細はこちらボタン
スレート屋根材
屋根からの雨漏りの原因について
詳細はこちらボタン
配線の点検
雨漏りによる漏電の危険性
詳細はこちらボタン
屋根点検
塗装で雨漏りは直らない?
詳細はこちらボタン
屋根瓦の応急処置
雨漏りの応急処置のやり方
詳細はこちらボタン
屋根点検している職人
雨漏り調査の費用はどれくらい?
詳細はこちらボタン
シロアリ調査
雨漏りとシロアリの関係とは?
詳細はこちらボタン
天井雨漏り
天井にシミができる原因は?
詳細はこちらボタン
天窓
天窓からの雨漏りリスクについて
詳細はこちらボタン
瓦屋根の点検
雨漏り業者はどこに頼めば良い?
green
屋根裏点検
点検口の種類や設置費用について
green
室内の雨漏り調査
雨漏り修理後にまた雨漏りする原因とは
詳細はこちらボタン
和室の天井の水漏れ
雨漏りと結露の見分け方
詳細はこちらボタン
クロス 雨漏り
クロスにシミができる雨漏りの原因箇所とは
詳細はこちらボタン

 

まずは無料お見積もりご希望の方はこちらから▼▼

お問い合わせ

雨漏りの緊急対応が必要な方はこちらを>>