天井雨漏り

 

横浜市都筑区のN様邸で、雨漏り修理を行いました。

洗面所の天井からの雨漏りを何とかしたい」というご相談を受け、対応させていただきました。

原因を調査したところ、ドレン配管から水が漏れていたため、その配管の補修を行っていきました。

そのほか、笠木板金のカバー防水工事を施工し、雨漏り対策もしましたのでその施工事例をご紹介します。

雨漏りの原因調査

陸屋根笠木カバー施工前

 

雨漏りの原因調査として、ますは「目視調査」を行っていきます。雨漏りした洗面所まわりを確認していきます。

洗面所の真上は陸屋根になっており、ドレン(排水口)がありました。

 

集水器

 

ドレン排水の出口は、室内を通って外壁に集水桝が設置されていました。

 

水漏れしているドレン

 

天井内部を確認すると、雨漏り箇所の上部にドレン配管を確認したため、雨漏りの原因を仮特定しました。

そこから「散水調査」を行っていきます。散水を行う事で、雨漏り箇所を明確に把握できる可能性が高まります。

散水を行なうと、ドレン配管の継ぎ目から水漏れしたため、原因箇所が特定できました。

 

笠木釘浮き

 

そのほか、陸屋根のパラペットの板金やバルコニーの板金の釘浮きや汚れが目立っていたため、一緒に修理を行っていきました。

 

雨漏り修理の施工事例

ドレン配管補修

天井解体

 

ドレン配管の補修を行うため、洗面所の天井を解体していきます。

 

ドレン配管補修前

 

ドレン配管のまわりは、水漏れの影響でカビ等発生していたため、内部の清掃や汚れた断熱材の交換を行っていきました。

 

ドレン配管補修後

 

ドレン配管を一部カットして、新しい配管を取付けて補修していきました。

内部には、新築時のゴミと思われる異物が入っており、その異物の詰まりが水漏れの原因でした。

 

内装天井復旧

 

補修後に、再度散水を行なって水漏れが無いか確認していきます。

水漏れが無くなったら、天井を復旧して内装工事は完了となります。

 

笠木板金カバー工事

板金カバー施工中

 

配管補修工事と並行して、パラペットとバルコニーの笠木板金のカバーを行いました。

 

笠木ビス留め

 

板金カバーは、既存の板金材の上から新しい板金材を被せて、釘で固定していきます。

内部に雨水が入らないように、カバーする前にコーキングで防水処理を行っていきます。

 

笠木コーキング仕上げ

 

そのほか、壁の取合いや板金の継ぎ目にもコーキングを行い完了です。

 

陸屋根ビフォーアフター

 

■ビフォー陸屋根笠木カバー施工前
■アフター陸屋根笠木カバー施工後

笠木は劣化すると、雨水が入り込みやすいため、雨漏りの原因になります。

新しく笠木をカバー(メンテナンス)することで、長期的に雨水の侵入を防ぎます。また、新しい板金材の「外壁との重なり部分」を既存よりも長くすることで、下部からの雨水の侵入をしっかり防いでいきます。

 

バルコニービフォーアフター

 

■ビフォーバルコニー笠木カバー施工前
■アフターバルコニー笠木カバー施工後

板金をカバーすることで、美観も良くなります。

 

防水工事

高圧洗浄

 

最後に、陸屋根とバルコニーの防水工事を行っていきます。

既存シート防水のトップコートが劣化していたため、その塗り替えを目的としています。

まずは、汚れを落とすために「高圧洗浄」を行っていきます。

 

ドレンまわり防水

 

その後、下地調整を行い、トップコート防水を行って完了です。

トップコート防水をドレン配管に巻き込む形で行い、ドレン排水まわりの防水処理のためにも行います。

 

陸屋根ビフォーアフター

 

■ビフォー陸屋根防水施工前
■アフター陸屋根防水施工後

表面のトップコート防水を行う事で、シート防水の耐久性を持続させる効果が期待できます。

 

バルコニービフォーアフター

 

■ビフォーバルコニー防水施工前
■アフターバルコニー防水施工後

笠木同様に、防水を行う事で美観も良くなります。

 

最後に

 

雨漏りの原因は「新築時の施工不良」、「経年劣化」がほとんどです。

築年数が浅い場合の雨漏りは「施工不良」が多く、放っておくと被害は悪化してしまうので早めの対処が必要です。

また、「経年劣化」で雨漏りリスクも年々高まるため、定期的なメンテナンスもおすすめします。

轍建築では、雨漏りの無料点検を行っています。雨漏りの点検や修理をご希望の方は、まずはお気軽にご相談ください。