雨漏りは、快適な住環境を脅かす、深刻な住宅トラブルです。

放置してしまうと、「木の腐食やシロアリ」による被害が広がり、状況は悪化してしまいます。

雨漏りが起きた場合の主な原因としては、「経年劣化による雨漏り」「台風時の雨漏り」「施工不良による雨漏り」とこの3つです。

どれも同じ雨漏り被害ですが、とくに経年劣化による雨漏りが、長期間雨水が入り込んでいるケースが多いため、被害状況も大きくなりやすいです。

雨漏り修理は、どこから雨水が侵入したのか特定することが難しく、適切な場所をしっかりと改善しないことには止まらないため、工事が長期化することもあります。

そのため、雨漏り箇所によって、適切な調査施工方法が求められます。

 

 

雨漏り調査方法

 

雨漏り調査の方法は、数多くありますが、轍建築では、「目視調査」「散水調査」「赤外線サーモグラフィー調査」を行っています。

ほとんどの場合は「目視調査」を行えば、原因を特定できます。

ですが、なかなか特定が難しい場合には、「散水調査」と「赤外線サーモグラフィー調査」を平行して行い、雨漏りの原因を追究していきます。

目視確認

実際に雨漏りした「室内」とその付近の「屋根や外壁」を目視で確認していきます。
屋根外壁材の「割れや剥がれ、隙間、腐食、施工不良」などがないかをみて原因を追究していきます。

散水調査

晴れた日に、雨漏りの原因と想定される箇所に下から順に水をかけていき調査していきます。
すぐに水がでてくるケースもあれば、長時間かけないと、水がでてこないこともあります。

赤外線カメラ

散水調査の補助調査として、水を流した時の温度差によって、雨漏り経路や状況を特定していく方法です。
ですが、断熱材などで温度変化の特定が難しいこともあり、あくまで雨漏り調査の補助として活用しています。

雨漏りの被害箇所別の施工方法

1

 

雨漏り調査を行い、原因の特定ができましたら、雨漏り修理を行っていきます。

ですが、雨漏り修理といっても被害箇所によって施工方法が変わってきます。

下記では、一部の施工方法についてご紹介します。

屋根の雨漏り

屋根が原因で雨漏りした場合には、対象箇所を部分的に張替えを行うか、状況によっては全体的に張り替えます。
屋根からの雨漏りはもっとも多く、経年劣化や自然災害での影響が原因で漏れます。

笠木の雨漏り

屋根に続いて多いのが、笠木からの雨漏りです。
笠木は、下からの風雨が吹き込みやすく、木下地が腐食すると、そのまま室内に流れ込みます。
下地が腐食してしまった場合には、下地から補修を行い、新しく板金工事を行って仕上げていきます。

ドーマーの雨漏り

ドーマーは、屋根の上につけられた空間(外壁)の事で、この外壁と屋根の取合いからも雨漏りがよく発生します。
部分的にコーキングや塗装で補修してしまうこともありますが、屋根と外壁部分を板金でカバーしてしまう方法が多いです。

雨樋の水漏れ

雨漏りではありませんが、雨樋からの水漏れも快適な環境に影響を及ぼします。
雨樋が歪んだり、割れてしまうと滝のように雨水が下に流れ落ちます。
交換や補修して改善していきます。

天窓の雨漏り

天窓から室内に雨漏りがよく起きます。天窓のコーキングの劣化や、天窓と屋根材の取合い部分から水が侵入します。
天窓のコーキングを補修するか、板金でカバーして改善していきます。屋根との取合いの場合は、屋根修理と天窓の交換が必要です。

ドレン排水水漏れ

ベランダ床の排水口ドレンとそれを受ける集水器の継ぎ手を繋ぐ鉄パイプが錆びて劣化して雨漏りすことがあります。

ドレン排水内部のパイプの交換と、ベランダ床の防水や軒天交換や木下地交換が必要となります。

雨漏りによる2次被害とは?

 

雨漏りを放置してしまうと、2次被害が発生する場合があることをご存知でしょうか?

快適な生活に支障が出るだけではなく、さまざまな被害が起こります。

木材の腐食

 

雨漏りは湿気の影響でカビなどを引き起こし、それによって木材の柱・躯体などが腐食してきます。

そのような状態になると「構造上の問題」「シロアリによる食害」が発生することもあります。

漏電

 

雨漏りによる2次被害で「漏電」もその1つです。

雨漏りによって水が家屋に流れて、電化製品が濡れてしまい漏電が起こる可能性もあります。

漏電は電化製品を故障させてしまうだけでなく、火災などを引き起こすこともあるので大変危険です。

シックハウス症候群の危険性

 

カビや建材に含まれている化学物質などが原因で起こる健康障害のことを「シックハウス症候群」といいます。

このシックハウス症候群は雨漏りが原因で引き起こされる場合があります。

雨漏りによって木の柱などに水が染みこむと室内の湿度が高まり、結露を起こしカビなどが発生します。

そのまま放置が続くと、シックハウス症候群になる可能性が高まるのです。

 

2次被害を防ぐために

このような2次被害を防ぐために、定期的なご自宅の点検がとても重要になります。

雨漏りが発生した場合には、そのまま放置せずに早めに工事を行うことが改善策となってきます。

 

雨漏り修理の施工事例一覧

 

8
横浜市南区 Y様邸
屋根造作工事
green

横浜市磯子区 I様邸
屋根部分葺き替え工事
green

横浜市南区 I様邸
玄関ポーチ屋根改修工事
green
8
横浜市南区 T様邸
屋根葺き替え
green

横浜市磯子区 Y様邸
ハト小屋の雨漏り工事
green

横浜市保土ヶ谷区 K様邸
屋根葺き替え工事
green

横浜市磯子区 M様邸
笠木修理・屋根カバー工事
green

横浜市都筑区 W様邸
屋根カバー工事
green

横浜市青葉区 K様邸
軒天張替え、瓦補修
green

横浜市青葉区 S様邸
ベランダ・天窓雨漏り工事
green

 

最後に

 

雨漏りは、どのような箇所が原因でも放置してしまうと、2次被害の危険性があります。

気づいた時点で、早めの修理を行い、対処していくことがとても大事です。

修理方法は、原因箇所によって、適切な施工方法が異なり、規模や工期も変わります。

雨漏り被害が少ない方が、規模も少なくて費用も抑えられる可能性が高いです。

当然の雨漏りで困っている方や、雨漏り修理方法のことで、ご不明点や気になることがありましたら、お気軽に轍建築へご相談ください。

お問い合わせはこちらから↓↓

雨漏りの緊急対応が必要な方はこちらを>>