屋根の中には棟と呼ばれる部分があり、この棟に使われている瓦が「棟瓦(むねがわら)」と呼ばれています。

棟瓦は、屋根平面部があわさっている部分で、こちらは非常に重要な部位です。

屋根は雨水の侵入を防ぐ役割を持っていますが、棟は屋根の上部で雨水を食い止め、屋根平面部へと流す役目を担っている部位です。

この棟瓦も経年劣化でさまざまな不具合が生じるため、メンテンナンスが必要となります。

棟瓦のメンテナンス方法として主流なのが、「棟瓦の積み替え」「漆喰補修」です。

棟瓦の積み替えとは、「既存の棟を一度解体」して、「補修」「瓦の交換」などの対応をした上で「新しく棟を作り上げる」工事のことです。

漆喰補修工事について詳しくはこちら>>

 

 

棟瓦の積み替えを行う理由

 

棟瓦は、雨や強い風の影響も受けやすく、屋根の中でも劣化が進みやすい部位です

長年に渡って雨風を受け続けた結果、棟瓦の漆喰が剥がれてしまうというのはよく見られる症状です。

漆喰は瓦と瓦をつなぎとめる接着剤のような役割を果たしているため、漆喰が剥がれることで棟瓦がずれてしまい、結果として「雨漏り」を引き起こすこともあり得ます。

また、重たい瓦屋根は地震や強風による衝撃を受けやすく、棟瓦が「崩れたり」「歪んだり」してしまう被害を受けるケースも珍しくはありません。

このような被害が出る前や出た場合に、棟瓦の積み直しを行って対策修理を行っていく必要があります。

 

棟瓦積み直しの目安

棟瓦の銅線の切れ、曲がっている場合

棟瓦の経年劣化で多いのが、棟瓦を固定している銅線が切れていたり、漆喰が剥がれてしまう事です。

銅線が切れたり、漆喰が剥がれてしまうと、強風や地震なのどの影響で棟瓦が曲がったり、歪んでしまいます。

その後さらに台風や地震がくると、耐風性が低いため棟瓦が崩れてしまう原因となります。

そのため、このような状態になった場合、「補修」「積み直し工事」を行う一つの目安となります。

棟瓦の崩れ、丸瓦が落下した場合

経年劣化した棟瓦は、地震や台風の影響で棟瓦が崩れてしまうことが多いです。

この状態を放置してしまうと、雨漏りの原因にもなるため早めの対処が必要です。

棟瓦が崩れてしまった場合には、「棟瓦の積み直し工事」が必要です。

雨漏りした場合では、状況によって「屋根葺き替え工事」「屋根葺き直し工事」が必要なケースもあります。

屋根葺き替え工事についてはこちら>>

屋根葺き直し工事についてはこちら>>

 

棟瓦の積み替えの施工手順

 

【施工前】
台風の影響で「棟瓦」が崩れてしまった状況です。
固定していた銅線が切れていたため、風圧により崩れてしまったようです。

【下地調整】
崩れてしまったのし瓦や盛土を撤去して、研磨パッドなどを用いて下地を削って、清掃していきます。

【土台作り】
「なんばん」漆喰を用いて土台を作っていきます。
従来の漆喰は防水性能にやや難点があるものの、「なんばん漆喰」は防水性にも優れていることから、現在では屋根の下地でよく用いられています。

【のし瓦積み直し】
土台が完成したら、のし瓦を積み直していきます。
既存ののし瓦を再利用するケースが主ですが、新しいものに交換することもあります。

【丸瓦積み直し】

1段目の上に「なんばん漆喰」を盛り、同手順にて、2段目ののし瓦を積み直し、最後に丸瓦を積み直ししていきます。

【銅線巻き】

最後に、銅線を棟瓦に巻き終えて完了となります。

銅線を巻くことで、棟瓦をしっかりと固定さしていきます。

【施工完了】
銅線巻き後、最終確認と清掃を行って完了です。
工事の期間は「m数」にもよりますが、部分修理であれば「半日」程度の作業で仕上がります。

 

棟瓦積み直しの施工事例一覧

 


横浜市南区 T様邸
棟瓦の積み直し
green

横浜市青葉区 I様邸
棟瓦の積み直し
green

横浜市青葉区 Y様邸
棟瓦の積み直し
green

横浜市西区 S様邸
棟瓦の積み直し
green

横浜市港北区 E様邸
棟瓦の積み直し
green
棟瓦の積み直し仕上げ
横浜市磯子区 H様邸
棟瓦の積み直し
green
下り棟施工後
横浜市保土ヶ谷区 S様邸
棟瓦の積み直し
green

棟瓦積み直しNAVI

 

棟瓦
棟瓦の固定方法の種類について
green

 

最後に

 

屋根の中で、雨や強風の悪影響を受けやすいのが棟瓦であり、そこから雨漏りなどの被害につながるケースも存在します。

下地に粘土や泥が使われている場合、そちらの性能低下によるトラブルも十分にあり得るため、一戸建ての完成からしばらく時間が経過しているのであれば調査をお願いするのも手です。

お問い合わせはこちらから↓↓