横浜市南区T様邸にて瓦屋根と谷板金の取合いからの雨漏りが発生して、

屋根の葺き替え工事と部屋中の修繕工事を行いました。

築30年以上、屋根と雨樋はノーメンテナンス、

また、複雑な屋根形状が原因で今回の雨漏りが発生しておりました。

劣化状況

まずは、雨漏り箇所の確認を行いました。

天井に黒い染みとプリント壁の剥がれや雨染みができていました。

雨染みのあとから上から下にかけて、

徐々に水が流れてきているのがわかりました。

雨天時はバケツを用意するほどのぽつぽつ水滴が落ちてくるとのことです。

内部の下地の状態は天井を剥がしてみないとわかりませんが、

最近の雨漏りでない為、木下地は傷んでいる可能性は高いです。

tg5

次に、この真上の屋根の調査を行いました。

雨漏り箇所の上は、屋根の谷部分になっており

谷板金と粘土瓦の取り合いを何枚か剥がしてみました。

無題

すると、谷板金の一番下の野地板が腐り隙間が空いていました。

ここから、雨水が入り防水シートを傷め雨漏りしていました。

他にも谷板金まわりの防水シート、野地板は経年劣化と雨水の影響で

全体的に傷んでしました。
tg1

粘土瓦の割れも確認しました。

原因はわかりませんが、アンテナや電気工事業者が屋根に登った際に

割れた可能性はよくあります。

tg4

複雑な屋根形状のデメリットは、雨仕舞が悪く

経年劣化に伴い、今後も雨漏りの発生は増えてくる可能性があります。

tg6

 

施工事例

屋根の葺き替え工事に入る前に、仮設足場を設置していきます。

安全面と、作業効率、ご近隣へ配慮するために足場は必要となります。

tg7

まずは、既存の瓦の解体撤去を行っていきます。

野地板が劣化いているので、あまり負荷を与えない様に

瓦を地上におろしていきます。

tg8

野地板が腐っている箇所など下地の調整を行っていきます。

雨漏りしていた箇所の、防水シートは破れて

野地板は腐っていました。

tg9

ベニヤ(12mm)を全体に張り上げていき

新規の防水シート張っていきます。

tg10

防水シートを張り上げましたら、各種役物(水切り板金・ケラバ板金)を

取付けていきます。

各種役物の取付け後は、新しい屋根材(リッジウェイ)を張り上げていきます。

tg12

谷板金用の新規木下地新設、 棟板金などの役物を設置していきます。

tg13

外壁との取り合い箇所は、雨押え板金を取付けて

コーキングで防水を行っていきます。

tg22

最終確認、各種防水の仕上げを行い

仮設足場を解体して完了となります。

tg20

雨漏り箇所の仕上がり

8

雨漏り箇所の修繕

屋根からの雨漏りは改善しましたので、

次は部屋中の工事に入ります。

まずは、既存のクロスと天壁の解体撤去を行っていき

内部の状況を確認していきます。

内部の状況を確認しましたら、柱の交換や補強を行い

新しい、天井と壁材を張っていきます。

tg23 

最後に新しいクロスを張っていきます。

tg24

クロスを張って、部屋の中も完成です。

tg25

工事のまとめ

工事期間はおよそ2週間ほどでした。

経年劣化が進むと、防水シートを傷めて雨漏りします。

瓦屋根は、半永久的にメンテナンス不要というイメージは強いですが

中の防水シートは傷みますので注意が必要です。

対策としては、定期的な屋根の点検や屋根裏の調査を行い

天井など染みに気が付いたら、少しでも早く屋根の調査を行う事で

少しでも雨漏りの影響を少なくできます。

築30年以上になりましたら、葺き替え工事の選択肢も視野に入れて

屋根と向き合っていく事が必要になってくると思います。

使用材料・保証期間

今回の使用材料は旭ファイバーグラスのリッジウェイを使用しました。

屋根葺き替え工事の保証期間はメーカーと施工店にて10年間となります。

横浜市で雨漏り診断するなら轍建築へ

「古くなった屋根が雨漏りしないか心配」

「雨漏り箇所の点検調査を依頼したい」という場合には、

無料にて点検調査を行っていますので轍建築までお気軽にお問合せ下さい!