川崎市麻生区のT社様が管理されている不動産物件の屋根工事を行いました。

先日の台風の影響により雨漏りが発生して、その雨漏り工事の対策・改善を行った事例です。

劣化状況

既存の棟板金の浮きによって生じた隙間から雨水が侵入して、内部の防水シートが劣化し雨漏りが発生しておりました。

他の業者さんによって、コーキング処理されていましたが一時的な効果となりました。。

施工事例

屋根カバー工事は、既存の屋根材を剥がさずにそのまま上から新しい屋根材を葺く方法です。

雨漏り箇所の上から、新規の防水シートを張り、新しい屋根材を葺くことで雨漏りを改善できます。

屋根工事に入る前に、仮設足場を設置していきます。

既存の棟板金や雪止めを解体撤去していきます。

解体撤去後に、新規の改質アスファルトルーフィングを張っていきます。

アスファルトルーフィングを張った後に、各種役物を取付けていきます。

軒先に水切り、端部にケラバ板金を取付けていきます。

屋根の取合いには、谷板金を設置します。

各種役物を取付けたら、新規屋根材を本張りしていきます。

今回の使用材料は、旭ファイバーグラスのリッジウェイを使用していきました。

コロニアルよりも耐久性能に優れて、比較的安価な費用で工事ができます。

新規屋根材を本張りしながら、雪止め金具も設置していきます。

リッジウェイの本張りが完了です。

 

その後、棟板金を設置していきます。

先に下地の貫板を取付けます。

貫板を取付け後に、棟板金を取付けていきます。

外壁との取合いには、雨押え板金を取付けます。

壁との取合いは、雨水侵入により内部を傷める原因になりやすい箇所です。

しっかりと雨仕舞を行って、雨水の侵入を防ぎます。

各種コーキング処理を行って完了となります。

複雑な屋根形状は、雨漏りリスクが高まります。

その分、手間と時間をかけて雨仕舞をしっかりと行います。

下屋根カバー工事

下屋根の工事も一緒に行っていきました。

壁との取り合いの雨押えを解体すると下地が腐っていました。

下地の腐りは、雨漏りを引き起こす原因となります。

腐った下地を解体後に、新規アスファルトルーフィングを張っていきます。

新規屋根材の本張りも行い、新しい下地を取付けていきます

板金を取付けて、コーキング処理を行っていきます。

下屋根部分のカバー工事の完了です。

工事のまとめ

工事期間は、3人作業で4日間でした。

今回の現場は屋根形状が複雑で、19面ありました。

面数が多いと、雨漏りリスクが高まる事もそうですが、役物を沢山使用して手間もかかります。

費用面では、一般の屋根形状と比較すると複雑な場合は割高になってしまいます。

屋根の㎡数だけでは、費用が出せない理由はこういったことにあります。

ですが屋根形状が複雑で一番の問題は、雨漏りリスクが高くなることです。

劣化が進んできたら早めの屋根リフォームを行う事が大事となってきます。