横浜市磯子区のO様邸にて、軒天の張替え工事を行いました。

台風の影響で、ベニヤ表面が剥がれてしまいました。

そのため、剥がれた箇所と劣化している箇所の張替えを行っています。

軒天の劣化状況

年数の経過もあり、軒天ベニヤがシワになり、表面の塗膜も剥がれている状態でした。

台風の影響で、ベニヤを固定している垂木の劣化もあり、ベニヤが剥がれてしまいました。

軒天の剥がれ箇所から雨水が入り込み、雨漏りや鳥の巣・ハチの巣ができる原因となります。

軒天張替えの施工事例

既存のベニヤを剥がして、撤去していきます。

軒先に流れている木下地を垂木といいます。

この垂木に新しいベニヤをタッカーで固定していきます。

軒天に新しく換気口を設置するために、木下地を取付けていきます。

換気口は、小屋裏にこもった湿気や熱を外部に排出するための役割があります。

新しいベニヤを張っていきます。

ベニヤは、塗装が不要な白ポリベニヤを使用していきました。

通常のベニヤやケイカル板よりも材料の費用は上がりますが、塗装仕上げがなくなるため割安となります。

軒天の張替え、カバー単体での工事の場合で安く抑えたい場合などには白ポリはおススメです。

ですが塗装しないためデメリットもあります。

それは汚れてしまった場合に、綺麗に仕上げることができないことです。

そのため、汚れがあまり付かないように注意して作業する必要があります。

ベニヤに換気口用の隙間を空けていきます。

換気口を取付けていきます。

新しいベニヤの取付後、外壁との取合い部分をコーキングで仕上げていきます。

コーキングを行うことによって、隙間からの雨水侵入防止や取付を綺麗に仕上げることができます。

剥がれていた端部は、垂木を補修してベニヤを取付けていきました。

養生を撤去して、清掃を行い完了です。

施工期間は、1日で仕上がりました。

施工箇所は、2F部分の軒天でしたが、下屋根上の施工のみでしたので仮設足場は設置していません。

軒天施工は高所作業のため、基本的には仮設足場が必要な箇所がほとんどです。

工事のまとめ

台風で、屋根以外に被害にあいやすいのは軒天です。

劣化していると、強風でめくれてしまいます。

剥がれて、穴が空くと雨漏りリスクもあるので放っても置けない箇所です。

今回は、張替えを行いましたが、既存の軒天を剥がさずに上に重ねて仕上げるカバー工法もあります。

剥がす手間と処分費がかからないので、張替えよりも費用を抑えることができます。

ですが、今回のように劣化が進行している場合には、カバー施工が難しい場合もあるので注意が必要です。

施工するm数にもよりますが、1日で仕上げることができます。

台風被害はもちろん、軒天が気になっている方がいましたらお気軽に轍建築までご相談ください。