軒天の施工前

 

横浜市都筑区のF様邸にて、2Fの軒天は「張替え」、1Fの軒天は「カバー工法で施工を行いました。

張替えは、文字通りに既存のベニヤを剥がしてから、新しい材料を張って仕上げていきます。

カバー工法は、既存のベニヤを剥がさず、増し張りして仕上げる工法です。

ここでは、この2つの施工事例についてご紹介していきます。

軒天の劣化状況

軒天の剥がれ

 

昨年の台風の影響で、2Fの軒天が剥がれてしまったそうです。

内部がみえるほど剥がれてしまった場合、カバー工法(増し張り)ができないため、張替えで仕上げていきました。

台風の影響である2Fの軒天は、火災保険を申請して工事を行っています。

 

軒天の劣化

 

1Fの軒天は、剥がれてはいませんが、シワが出てきています。

また旧塗膜が剥がれて劣化していますので、メンテナンスが必要な時期でした。

そのため、2Fの軒天と一緒に施工を行っていきました。

1Fの軒天は軽度の劣化のため、カバー工法で仕上げています。

カバー工法の方が、剥がす手間やその後の下地調整などが必要なくなるため、費用単価が多少抑えることができます。

 

軒天張替え、カバー工事の施工事例

軒天の解体

 

まず、2Fの軒天ベニヤを部分的に解体していきます。

解体後に、下地調整と木下地(垂木)などを新設して補強していきます。

 

ケイカル板カット

 

新しい軒天材はケイカル板を使用していきます。

ベニヤよりも耐久性が高く、長持ちします。

 

ケイカルの有孔板

 

換気用に穴が開いている、ケイカル素材の有孔板も新しく使用していきます。

 

ケイカル板張り

 

寸法通りにカットしたケイカル板を、張っていきます。

2Fは張替え、1Fはボンドを塗り、専用タッカーで増し張り(上張り)していきます。

 

コーキング打ち

 

外壁との取合いは養生を行い、変成シリコンのコーキング材で仕上げていきます。

 

ケンエース

 

コーキングが乾いてから、仕上げに塗装を行っていきます。

材料は、ケンエースGⅡを使用しています。

 

軒天塗装

 

養生を行い、ケンエースをケイカル板に2回塗りしていきます。

 

軒天張替え仕上がり

 

塗装が乾いたら完了です。

 

■ケイカル板軒天塗装仕上がり
■有孔板塗装仕上がり

塗装を行う事で、表面が塗膜で保護されるため、耐久年数が向上します。

また、そのままでは作業中についた汚れ等も目立ちますので、美観目的のためにも塗装を行います。

 

軒天施工後

 

最終確認を行い、仮設足場を解体して完了です。

工期は、部分的な工事でしたので2日間で仕上がっています。

 

工事のまとめ

 

劣化した軒天は、台風などの影響で剥がれてしまう被害が多いです。

剥がれてしまうと、そこから動物の侵入や雨漏りの原因となりますので、早めの対処が必要となります。

施工方法は、完全に剥がれてしまった場合は張替えを行い、軽度の劣化であれば、費用単価が抑えられるカバー工事で施工できます。

新しく張る材料の種類は、とくにご要望が無ければ「ケイカル板」がおすすめとなります。

軒天材の種類についてはこちら>>

また、どちらの施工方法にしても、台風の影響による被害であれば火災保険が適用されます。

軒天が台風などの被害に合われた方は、まずは加入している保険屋さんにお問い合わせしてみましょう。