横浜市磯子区のM様邸にて、雨樋交換工事を行いました。

ベランダ真上の雨樋から水漏れが発生していたので、今回修理をさせていただきました。

雨樋の劣化状況

屋根の構造上の歪みで雨樋の真ん中が下がってしまい、雨樋自体も劣化が進んでいたのでそこに雨水が集中し水漏れが起きていました。

強い雨の時には、滝のように水が流れるため騒音が発生します。

また、ひび割れ箇所に雨水が集中するため入り込みやすく、内部を傷める原因にもなっています。

雨樋取付箇所の破風の部分が歪んで下がってしまうと、新規で雨樋を取付けてもしっかり勾配がとれません。

そのため、雨樋交換の前に新規で破風板の取付も行っていきました。

雨樋交換の施工事例

既存の雨樋と金具の解体撤去を行って清掃していきます。

新規破風板を取付けるための、木下地を新設していきます。

高さをつけて、勾配を取りやすくするためです。

新規で破風板の取付を行っていきます。

破風板を取付けたら、その上にガルバリウム板金の設置を行います。

破風板金を行い、破風板を雨水から保護します。

板金の設置後に、水糸を使用して雨樋の金具を取付けていきます。

金具の取付が完了したら、新規の角樋を設置していきます。

金具に角樋をはめ込んでいきます。

高さが少ないのでヒョットコを使用して、新規竪樋を取付けて屋根に流していきます。

各部雨樋用のボンドで固定して、竪樋先端を銅線で固定して完了となります。

工事期間は、2人で半日の作業でした。

工事のまとめ

今回は、雨樋の経年劣化もそうですが、屋根の構造上の歪みによっての水漏れ被害の対応でした。

建物が老朽化してくると、雨樋の劣化もそうですが建物も歪んだりします。

屋根の歪み以外にも地盤の影響で建物が下がって、雨樋が逆勾配になり水漏れが発生するケースもあります。

その場合の対処法としては、排水管の新設や今回のように破風板を新設して勾配がとれるスペースを確保して対応していく方法があります。

排水管を新設するよりは、費用面で破風の新設の方が一番の改善方法であると思います。

また、雨樋の交換の目安はおよそ20年~30年ほどです。

30年ほどすると、割れたり歪んだりしてくるので交換がおススメとなります。

2Fの雨樋交換は仮設足場が必要となりますので、屋根リフォームや外壁塗装を行う際に一緒に行うと良いです。

そのため、雨樋も計画的に塗装や交換をしていくことが大事となります。