横浜市青葉区のM様邸にて、屋根カバー工法(重ね葺き)を行いました。

屋根カバー工法とは、既存の屋根材(施工現場スレート)の上に新しい屋根材をカバー(重ねる)していく施工方法です。

既存の屋根材処分費や解体する手間が削減できるので、葺き替えと違ってコストを抑えることができます。

今回は、ニチハのパミールという屋根材の上からカバーを行った施工事例をご紹介していきます。

屋根材の劣化状況

ニチハのパミールは不具合が続出している屋根材となります。

上記写真のように、雨水を含むと表面がぼろぼろと剥がれ落ちてきます。

このように屋根材が剥がれてくると、屋根の機能を果たしていませんので、雨漏りの原因となります。

また、素材自体に不具合が発生しているケースでは、塗装による屋根リフォームを行うことは難しいです。

横浜市青葉区での屋根カバー工法施工事例

屋根工事前に仮設足場を設置してから作業に入っていきます。

まずは、既存の棟板金を解体して撤去していきます。

板金の下地(貫板)も解体して撤去していきます。

棟板金の解体後、防水シートを張っていきます。

防水シートは、田島ルーフィングのPカラーEX+(改質アスファルトルーフィング)を使用しています。

全体的に、軒先から防水シートを張り上げていきます。

防水シート張り後、各種役物を取付けていきます。

軒先に唐草を取付けていきます。

端部にケラバ水切りを取付けていきます。

軒先とケラバの役物設置が完了したら、新規屋根材を張り上げていきます。

新規屋根材には、ディートレーディングのディプロマットスターを使用しています。

メーカー30年保証で、長期耐久性があります。

軒先からディプロマットスターを全体に釘止めで張っていきます。

外壁取り合いには、水切りを取付けてコーキングで仕上げていきます。

屋根中央部に、新しい下地の樹脂製タフモックをビスで取付けていきます。

タフモックに新しい棟包みと換気棟を取付けて、取合いをコーキングで仕上げていきます。

玄関上屋根のカバー工法

玄関上の屋根もカバー工法で施工を行っていきました。

既存の雨押え板金を解体して、防水シートを張っていきます。

大屋根と同手順で、役物取付後、新規屋根材を張っていきます。

壁取り合いに、タフモックを取付けていきます。

壁取り合いに、新しい雨押え板金を取付けて完了です。

工事期間は、3日間で仕上げました。

横浜市青葉区での工事のまとめ

今回のM様邸のでは、ニチハのパミール使用されており、不具合が多い屋根材です。

そのため、塗装が出来ずに葺き替えかカバー工事を行うかの選択肢となってきます。

屋根カバー工事であれば、塗装よりも費用は掛かりますが、葺き替えよりは費用を抑えられる中間の工事内容です。

新しい屋根材もランクがあって、耐用年数・美観・価格が違って選べます。

コストを抑えたいのであれば、安価な屋根材を。

価格よりも美観・耐久性を重視であれば、高級屋根材を。

コストを抑えつつ、30年は持ってほしい、、という場合には今回のディプロマットスターはおすすめです。

屋根リフォームのことで、ご不明点等ありましたらお気軽に轍建築までご相談ください。