一戸建ての屋根のリフォームに大きく関係しているのが、屋根材の種類です。

屋根材は種類も様々であり、使用している屋根材の種類によって劣化の度合いなども変わってきます。

そして、屋根材の中で特に注意したいのがニチハのパミール屋根であり、

こちらは社会問題化したいわくつきの屋根材です。

ニチハのパミール屋根とはどのような特徴を持つ屋根材なのか、どのような修理方法「塗装、カバー工法、葺き替え」がベストなのか?

それぞれ、ニチハのパミール屋根について解説していきます。

ニチハのパミール屋根とは?

 

パミール屋根は、外壁材のメーカーとして最大手のニチハ株式会社が手掛け、1996年から2008年まで販売されていた屋根材です。

日本の屋根材で主流なのが、スレートと呼ばれる粘土板岩を使用したスレート屋根であり、パミール屋根はスレート屋根で初のノンアスベスト屋根材として売り出されたのです。

アスベストとは?

アスベストは重大な健康被害をもたらすものというイメージがあるかもしれませんが、一方で耐久性など様々なメリットがあることから多くの建物で用いられてきました。

屋根材の耐久性を確保するためには欠かせない存在だったのですが、健康被害の問題から法的規制がかかりました。

2004年にはアスベストを1%以上含む製品の出荷が、2006年にはアスベストを0.1%以上含む製品の出荷が禁止されています。

一部の例外を除けば現在では製造や使用が禁止されているのですが、パミール屋根はこのようなアスベストを使用した屋根材の代替商品として注目を集めました。

しかし、パミール屋根は発売から数年で様々な問題が発生し、ノンアスベスト屋根材の中でも特に問題が多い屋根材として悪い意味で知られるようになりました。

パミール屋根を使用していてもしばらくは何事も起こりませんが、数年で様々な問題が発生する恐れがあります。

すでにパミール屋根は販売されていないものの、販売終了間際の時期にパミール屋根が使われていた一戸建ての場合、今後トラブルが起こる可能性も否定できません。

 

パミール屋根が劣化するとどうなる?

 

パミール屋根のトラブルとして頻出したのが層間剥離であり、こちらはミルフィーユ現象とも呼ばれます。

雨による水分の吸収、そして乾燥を繰り返すうちに先端部分が剥がれて、浮き上がったような状態になるのが層間剥離です。

屋根材は複数の層で構成されていますが、この層が剥がれる層間剥離はパミール屋根特有の症状です。

そして、パミール屋根には釘の問題もあり、専用釘の中には腐食しやすいものが含まれていました。

このような問題がある釘が使われていたパミール屋根の場合、屋根材が落下するなどの大きなトラブルも起こり得るのです。

 

パミール屋根の修理方法

 

ニチハ株式会社は釘の問題に関してはお詫びを出しているものの、パミール屋根に起こった問題については経年劣化であるとの見解しか出しておらず、メーカーの対応は期待できません。

そのため、パミール屋根が使われている一戸建ての場合は業者に頼んで修理をお願いしてください。

先に書いたような、パミール屋根が剥がれている状態では塗装では対応できず、修理方法はカバー工法か葺き替えのどちらかしかありません。

カバー工法
葺き替え

 

カバー工法とは現在の屋根をそのまま残し、防水シートを貼ってから新しい屋根に張り替えるやり方であり、屋根を撤去せずに済むことからコストが抑えられます。

ただし、すでにパミール屋根の劣化が大きく進行しているところのカバー工法では対応できません。

葺き替えは屋根のリフォームとも言い換えられ、下地を含めて既存の屋根を一新するやり方です。

コストはかかるものの、パミール屋根に対して不安を感じているのであれば完全にリフォームするのも手です。

カバー工法の施工事例>>

葺き替え工事の施工事例>>

 

まとめ

 

パミール屋根は多くのトラブルを引き起こしているため、なるべく早めに対応するのがよいでしょう。

そのまま放置してしまうと、「雨漏り」などの原因にもなってしまうためです。

修理は、補修や塗装ができないので、2つの施工方法しかございません。

それは、カバー工法か葺き替えです。

全体的に新しい屋根材を上に重ねて葺くか、パミール屋根を解体して新しい屋根是材を葺く方法です。

どちらも、補修や塗装と比べると、それなりに費用が掛かってしまいます。

ですが、先々を考えると最適な施工方法ですので、よく検討してご判断ください。