化粧スレート屋根

 

近年、もっとも普及しているのが「化粧スレート屋根」です。

メリットもデメリットもありますが、価格対費用効果のバランスが良く、見た目もスッキリとしておしゃれなので、人気があります。

そんな化粧スレート屋根ですが、屋根リフォームを行った場合どれくらいの価格になるのでしょうか?

ここでは、スレート屋根の特徴(メリットデメリット)リフォームした場合の価格などについてまとめました。

化粧スレート屋根の特徴は?

 

化粧スレート屋根は、セメントに繊維質を混ぜて「約5mm程度の薄い板状」に加工されてできた屋根材です。

現在では、「石綿スレート(アスベスト入り)」の屋根材の販売は中止となり、「無石綿スレート(ノンアスベスト)」のみの販売となっています。

また、粘板岩を使用した「天然スレート」という種類もありますが、「化粧スレート」とは別物となります。

メリット

化粧スレート

 

化粧スレート屋根は、瓦屋根(和瓦)の「約半分以下」の重さで建物への負担が軽減されています。

洋風なデザインで、カラーバリエーションも豊富なので、好きな色を選びやすいのも人気の理由の1つとなっています。

軽量で手軽に使えるにもかかわらず、「耐久性」、「耐熱性」、「耐腐食性」に優れているのが大きなメリットです。

デメリット

屋根中塗り

 

化粧ストレート屋根は、「8年~10年」ごとに塗装が必要です。

塗装をしないと性能が維持できないので、定期的なメンテナンスが必要な点がデメリットといえるでしょう。

ただし、メンテナンスをきちんと行っていれば、30年といった長期にわたって使えます。

 

化粧スレートへの屋根リフォーム価格

 

ケイミューの「コロニアルグラッサ」を使用した場合

葺き替え工事:建坪「30坪」屋根面積「80㎡

 

工事項目単価㎡数費用相場
仮設足場650円160㎡104,000円
既存瓦解体処分2,500円80㎡200,000円
ベニヤ張り2,300円80㎡184,000円
防水シート600円80㎡48,000円
コロニアルグラッサ(材工共)5,500円80㎡440,000円
各種役物(棟板金など)1式100,000円
管理・経費1式35,000円
合計1,111,000円(税別)

 

これらを合計すると、税込み価格で「約122万円」となります。

カバー工法で行った場合には「古い屋根材の解体費・処分費」がかかりません。

 

葺き替え工事費用「11,000~14,000円/㎡」(足場代含まず)

瓦などからスレート屋根へのリフォーム価格は、「商品」、「施工面積」、「屋根の形状」によって異なります。

 

※価格はあくまで目安となります。

 

スレート屋根を扱っているメーカー(商品)

屋根塗装

 

スレート屋根を扱っているメーカー・商品では、何といってもケイミュー株式会社(旧:クボタ松下電工外装株式会社)の「コロニアルとカラーベスト」が有名です。

コロニアルとカラーベストについてはこちら>>

どちらもスレート屋根の代名詞となった商品で、シェア率もトップを誇ります。

商品ラインナップが豊富で、好きな色を組み合わせることができる「シャッフルカラー」や「南欧風、天然石風」など、おしゃれなデザインがそろっているのも魅力です。

また、初めから遮熱効果のある「コロニアル遮熱グラッサ」もあります。

スレート屋根も昔と比べて耐久性が向上してきており、その意匠性から再び人気が出始めています。

 

まとめ

 

デザインが豊富でリーズナブルな価格なのが、化粧スレート屋根です。

爆発的に売れた屋根材なので、多くの住宅で取り扱われています。

ただし、定期的な点検とメンテナンスを行い、劣化がみられたら塗り替えは不可欠です。

いろいろな屋根材がありますが、この化粧スレート屋根も魅力的なので、ぜひご検討ください。