川崎市麻生区のS様邸にて屋根塗装工事と棟板金の交換を行いました。

屋根の状態は、10月1日の台風の影響で、棟の板金が一部飛んでしまいました。

そのため、火災保険を申請して棟板金修理の対応をしました。

その際に仮設足場が建つため、一緒に劣化していた屋根の塗装を行った流れとなります。

棟板金の補修から屋根塗装完了までの施工事例をご紹介します。

屋根の劣化状況

棟板金の剥がれ以外にも既存コロニアルのコケや藻、ひび割れが発生していました。

築年数は、10年目を過ぎていたので、屋根のメンテナンスを行うには適切な時期に入っています。

剥がれた棟板金以外にも全体的に棟包みの止め釘が浮いていました。

浮いている箇所は、打ち直して補修していきます。

川崎市麻生区での屋根塗装の施工事例

棟板金の交換

先に棟板金の施工から行っていきます。

既存の劣化した棟板金の木下地(貫板)を解体して、新しい下地に交換していきます。

下地の交換後、新しい棟包み(ガルバリウム鋼板)を取付けていきます。

棟板金の取合いには、コーキングで仕上げています。

屋根塗装工事

既存の屋根材はコケや汚れが付着していました。

コケや汚れを高圧洗浄(水洗い)できれいに洗い流して清掃していきます。

翌日、屋根が乾いてから下塗りを入れていきます。

下塗りには、SK化研のマイルドシーラーEPOを使用しています。

屋根材に塗料をしっかりと吸い込ませて塗っていきます。

下塗り後に、ひび割れ箇所をコーキングで補修していきます。

ひび割れ補修後、中塗りを入れていきます。

中塗りには、SK化研のクールタイトSI(シリコン)を使用しています。

クールタイトは遮熱効果の期待できる塗料です。

中塗りの完了です。

中塗り後に、上塗りを入れていきます。

こちらも色違いのクールタイトSIを使用しています。

中塗りと上塗りで色を変えた理由としては、万が一の上塗りの塗り残しをなくすためと、施工主様に3回塗ったという証明になり、ご安心いただくためです。

※色分けは、同じような色の塗料の在庫があったのみサービスで行っています。

最終確認を行って、上塗りの完了です。

工事期間は、棟板金工事、「半日」、屋根塗装は高圧洗浄含めて、「3日間」で仕上げました。

その他、仮設足場の設置「2日間」と同時に外壁の塗装も行っています。

屋根塗装工事のまとめ

屋根(カラーベスト)は経年劣化によって、「コケや汚れ」、「ひび割れ」、「棟板金の釘浮き・剥がれ」が発生してきます。

定期的に塗装や棟の補修を行うことによって、屋根材(カラーベスト)、棟板金が長持ちします。

放置してしまうと、今回のように棟板金が剥がれたり、屋根材が割れて雨漏りの原因にもなります。

築10年前後となりましたら、屋根のメンテナンスを検討してみてください。

轍建築では、無料で屋根の点検調査、費用のお見積りに対応しています。

ご不明点等もありましたら、お気軽にお問い合わせください。