横浜市南区のK社様が所有している事務所・倉庫の屋根工事を行いました。

既存の屋根材は鉄板屋根を使用されており、主に大きな建物(工場・倉庫)で使用されている屋根材です。

当初は塗装によるリフォームのご相談を受けて屋根の調査を行いましたが、屋根材の状態が悪く、雨漏りも発生していたため、「屋根とパラペット(笠木・内壁・排水)のカバー工事」をお勧めさせて頂きました。

その施工事例につてご紹介します。

屋根の劣化状況

 

屋根材の表面部分が錆による劣化が発生し、全体的に傷んでいました。

錆が悪化して、材料が腐食している箇所もありました。

 

 

排水部分の板金材も錆びて、劣化が進んでいましたす。

 

 

その他、ドレン排水から雨樋までの継ぎ手のパイプが、錆びて穴が空き、そこから水漏れが発生していました。

 

施工事例

 

仮設足場設置後、まずは材料の荷揚げ作業から入ります。

建物の高さと、材料の寸法が長いため、今回は重機を用意して荷揚げを行いました。

 

 

材料をまとめて、屋根にクレーンで荷揚げを行っています。

 

 

安全作業で、材料を順番に吊り上げていきます。

 

 

材料を吊り上げるのと同時進行で、先に下地の取付けを行っていきます。

 

 

下地の取付け後、新規屋根材を張っていきます。

ドリルで穴をあけて、屋根材を下地にビスで固定していきます。

 

 

新規屋根材の取付け完了です。

 

 

次に、屋根の中央部分に棟板金を取付けていきます。

 

 

棟板金の取付け完了です。

 

 

屋根の平部の取付け完了後、パラペット(笠木・内壁・排水部分)の施工に入っていきます。

まずは透湿シートを張っていきます。

 

 

透湿シートを張り終えましたら、木下地の取付けを行っていきます。

 

 

一周ぐるりと、4方向に取付けを行います。

 

 

ガルバリウム鋼板材で、パラペット(笠木、内壁、排水、ドレン排水)を設置、取付けていきます。

 

 

全体的に板金を取付けて、最後は各種コーキングにて防水処理を行ないます。

水漏れしていた排水の継ぎ手も修繕と軒天の張替えを行い、工事が完了となります。

 

 

工期は3~5人作業で6日間の工事でした。

 

工事のまとめ

 

今回の屋根はパラペットが立ち上がっており、下からでは屋根の状態がわからず、30年以上放置してしまったそうです。

そのため、鉄板は錆て腐食してしまい、雨漏りも発生してしまいました。

錆が酷い屋根に塗装を行っても直ぐに剥がれてしまうため、このような状況では屋根カバー工事がベストです。

また、パラペットも雨漏りが発生しやすいポイントでしたので、一緒にカバーすることで雨仕舞効果が高まりました。

屋根カバー工事のメリットは、工期の短縮と、費用もコストカットできることです。

既存の鉄板屋根を剥がすとなると大掛かりな工事になりますが、そのまま上からカバーできる専用の屋根材で施工を行うことで費用が削減できるのです。

塗装工事に比べると費用はかかりますが、屋根を守るための効果的な施工方法です。

鉄板屋根のリフォームをお考えの方は、是非カバー工事もご検討してみてください。

屋根カバー工事TOP>>

 

使用材料と保証期間

【屋根材】

今回の屋根使用材料は、日鉄住金のやまなみ2型という材料を使用しました。

主に工場や倉庫の波型スレート屋根などのカバー工事の際に使用しています。

耐久性は抜群で、意匠性にも優れて、カバーなので遮音性、断熱効果もアップします。

 

【施工保証】

工事の施工保証期間は、10年間となっています。

屋根の工事のことで、気になることやご不明点等ありましたら轍建築まで、お気軽にご相談ください!