横浜市港北区のY様邸で屋根塗装工事を行いました。

築25年で、外壁塗装とセットで工事を行い、屋根は今回が初めての塗装となっています。

アスベスト入りのスレート瓦なので、耐久性が高く、25年にしては比較的良い状態でした。

今回は、補修等を行いがら施工したY様邸の屋根の施工事例をご紹介します。

 

屋根の劣化状況

 

25年経過している屋根材なので、全体的に汚れており、細かいひび割れが発生していました。

 

 

とくに、日差しが当りづらい箇所では、雨天後の乾きが悪く「コケや汚れ」が多く溜まっていました。

古くなった屋根材は雨水を吸収するため、日差しによって乾燥しないと、雨水を含んだ状態が続いてしまいこのような状態になってしまうのです。

 

 

そのほか、棟板金(むねばんきん)の釘が全体的に浮いていたり外れていました。

この釘が浮いてしまうと、板金材が外れてしまう原因となり、危険な状態となります。

 

 

棟板金以外にも、ケラバ板金の釘も浮いていました。

 

横浜市港北区での屋根塗装の施工事例

 

仮設足場設置後、屋根に溜まったコケや汚れを「高圧洗浄」で念入りに洗っていきます。

汚れが酷いほど、洗い流すのに時間かかり、飛散防止のため養生もしっかりと行って作業していきます。

 

【高圧洗浄の完了】

 

 

高圧洗浄を行い汚れが取れると、経年劣化で表面が白く見えます。

 

 

塗装作業に入る前に、棟板金やケラバ板金の釘浮きを補修していきます。

釘が浮いたり、外れてしまった箇所は、新しくビズで補強していきます。

 

 

屋根の塗装作業に入ります。

まずは、下塗り(シーラー)作業を行っていきます。

平行して、屋根材のひび割れなどの補修も行います。

 

【下塗りの完了】

 

 

透明な塗料で仕上げています。

この下塗りは、屋根材と本塗り材の密着を高めるために行う作業です。

 

 

下塗りが完了したら、本塗りを行っていきます。

材料は、「日本ペイントのファインパーフェクトベスト」というラジカル制御塗料を使用していきました。

 

 

中塗り(ファインパーフェクトベスト)作業を行っていきます。

 

【中塗りの完了】

 

 

全体的に中塗りを丁寧に仕上げて、しっかりと乾かしていきます。

 

 

塗料が乾いてから、仕上げに上塗り(ファインパーフェクトベスト)作業を行っていきます。

 

【上塗りの完了】

 

 

本塗りを2回行う事で、塗膜に厚みをつけて、「耐久性や美観」を高めていきます。

 

 

コケや汚れが溜まっていた軒下部分も綺麗に仕上げていきました。

塗装を行う事によって、雨水の吸収を防ぐことができ、コケや汚れも発生しにくくなっていきます。

 

【屋根塗装工事の完了】

 

 

最終確認(タッチアップ作業)、清掃を行い問題が無ければ、仮設足場を解体して完了です。

工事期間は、高圧洗浄「1日」、屋根修理、下地調整「半日」、屋根塗装、確認、清掃「2日半」の計4日間でした。

 

工事のまとめ

 

スレート瓦は年数の経過によって、屋根材のひび割れや汚れ、棟板金の釘浮きなど、不具合が発生してきます。

このような不具合は、最悪「雨漏りの発生」や「棟板金の剥がれ」の原因となってしまうので、塗装などによるメンテナンスを行う必要があるのです。

メンテナンスのタイミングとしては、建物立地条件や屋根材の種類にも異なりますが、築10年以上経過してきたら行うと良いとされています。

また屋根塗装は仮設足場が必要なケースが多いため、外壁塗装などど一緒に行うと効率的です。

 

轍建築では、横浜市港北区はもちろん、横浜市・川崎市全域で屋根の塗装、及び屋根修理を行っています。

屋根のことで、気になることやご不明点等ありましたら、お気軽に轍建築までお問い合わせください。