リフォーム工事では、一部の悪質業者による手抜き工事で、「直ぐに壊れたり剥がれてしまった」「塗装が剥離した」「雨漏りした」というトラブルが問題になっています。

さらに、改善の連絡をしようとしても、電話がつながらない・・・

また倒産してしまっていたというケースもあります。

せっかく、多額のお金をかけて工事をしたのに、こんなことが起きてしまっては、最悪です。

そんな消費者の方を守るために国の政策として、「リフォームかし保険」がスタートしました。

 

轍建築では、「JIOリフォームかし保険」に登録しています。

ここでは、「JIO㈱日本住宅保証検査機構」の保証内容を基準に「リフォームかし保険」について解説していきます。

リフォームかし保険とは?

 

リフォーム工事での「検査と保証」がセットになったものが「リフォームかし保険」です。

工事内容に不具合がないかをしっかりと検査して、万が一の場合に保証してくれます。

リフォーム工事は、簡単な工事ではなくて、専門的知識と技術が必須となります。

消費者の方では「わからない、気づかない」工事の内容を、施工業者とは別の「第3者のプロの検査員(建築士の資格所有)」が目でチェックし、施工ミスの防止を行います。

 

不具合があった場合

 

不具合があった場合は、保険金でしっかりと補修していきます。

補修にかかる費用は保険でカバーできるので、必要な補修工事を確実に行えます。

請負金額に応じて、「100万円~1000万円」まで選択していきます。

万が一施工業者が倒産してしまった場合にも、保証期間内であれば保険会社に直接請求できます。

 

保証期間

 

構造耐力上主要な部分(小屋組、柱、壁、基礎、他):「5年間」

雨水の侵入を防止する部分(屋根、外壁、開口部、他):「5年間」

その他:「1年」

 

料金

 

工事内容や請負金額やお申し込み時期によって変わります。

 

かし保険の料金

例:屋根・外壁の全面リフォーム工事

請負金額:180万円支払い限度額:200万円

 

保険料+検査料は「¥50,500円-」となります。

 

 

かし保険のご利用について

 

リフォームかし保険は、車の保険と同じく、何かあったときように「任意」でご利用いただく保険となります。

 

メリット

 

メリットは、保険会社が間に入ってくれるため、「手抜き工事」「施工不良」などのトラブルを防げるので、安心できるという点です。

 

デメリット

 

デメリットは、工事代金以外に「加入料金」がかかります。

加入料金も万が一の際に「保証される金額」に比例して、料金も高くなります。

また、保証期間が「5年間」と、少し短いです。

 

最後に・・

 

リフォームかし保険は、安心できるサービスではありますが、メリット、デメリットがございますので、そちらをご理解いただいた上でご検討ください。

轍建築では、屋根外壁リフォームに関しては「5~10年」の施工保証がございます。

それでも、ご不安な方に対して、リフォームかし保険をご案内をさせて頂いております。

何か、ご不明点や気になる点がございましたらお気軽にご相談ください。