屋根の裏側にある突き出ている天井部分の事を軒天井(のきてんじょう)といい、雨や風から建物を守る大事な役割を果たしています。

そんな軒天ですが、「雨や風」「紫外線」などの影響で劣化が進み、ベニヤ部分に「シワ」ができたり、「穴が空いたり」してしまいます。

穴が空いてしまうと、そこから「小動物の侵入(ハクビシン他)」「ハチの巣」「鳥の巣」ができる原因となるため、放置できない箇所です。

軒天の施工方法は、「張替え」「カバー」があります。

 

張替えとカバーの違い

■張替え

古いベニヤをすべて解体して、新しくベニヤを張る方法

■カバー

古いベニヤをそのまま残して、上から新しいベニヤを増し張りする方法

 

費用面では、「カバー」の方が解体する手間と処分費がかからないため、コストを抑えられます。

ですが、カバーの場合には厚みがでてしまうため、部分的な施工には不向きというデメリットがあります。

 

 

軒天工事(張替え・カバー)の目安

表面のしわ

軒天ベニヤの表面にしわが出てきます。

軒天のしわの原因は、屋根か破風板から水がまわっている可能性があります。

この状態が出た後に塗装をしてもシワは消えませんので、綺麗にする場合は軒天工事が必要があります。

表面の剥がれ

軒天表面のベニヤが剥がれてきます。
強風によって、剥がれてしまう事が多いです。
放置すると、雨水を吸収して腐食するため、軒天工事が必要です。

穴あき

表面のベニヤが剥がれると、腐食して穴が空いてきます。

穴の隙間から内部に動物や虫等が入ってしまいます。

また、強雨の際は、雨漏りの原因にもなりますので、軒天工事が必要です。

軒天張替え工事の施工手順

 

【施工前】
経年劣化で、表面のベニヤが剥がれている状態です。
このままでは塗装できないので、ベニヤを張り替えていきます。

【ベニヤ解体】
既存のベニヤを解体処分していきます。
野縁に少しでもベニヤの切れ端が残らないように綺麗に取り除いていきます。

【ベニヤ張り】
ベニヤを適正寸法にカットして、貼付け面にボンドを塗り、タッカーで打ち込んでいきます。
少しでも寸法を間違えてしまうと見栄えなど問題も出てきますのできっちりと仕上げていきます。

【下地調整】
ベニヤ張り上げ後、ベニヤの継ぎ目は、パテで穴埋めを行い、外壁との取合いはコーキングを打っていきます。

【ベニヤ塗装仕上げ】
下地調整後、ウレタン塗料にて、しっかりと養生を行い塗装で仕上げていきます。
新しいベニヤは、2回塗りでは色が入りきらず、透けてしまうので、3回塗りすることが多いです。

 

【ケイカル板仕上がり】
新しい軒天の材料として、ケイカル板というものもあります。
現在はこのケイカル板で仕上げることが多くなっています。
ベニヤよりも耐久性が高く、費用面もベニヤ仕上げとほとんど変わりません。

 

【軒天換気口】
軒天換気口は、屋根内部の湿気や熱気を逃がすための出入り口です。
張替えの際はもちろん、カバー施工時でも、軒天換気口を新たに取付けることも可能です。
換気口を取付けることによって軒天などの寿命を延ばす効果もあります。

 

軒天張替え工事の施工事例一覧

 


横浜市南区 N様邸
部分張替え(ベニヤ使用)
green

横浜市瀬谷区 H様邸
全カバー(ケイカル板使用)
green

横浜市旭区 U様邸
全張替え(ベニヤ使用)
green

横浜市瀬谷区 K様邸
全張替え(ベニヤ使用)
green

横浜市磯子区 O様邸
部分張替え(白ポリ使用)
green

横浜市青葉区 K様邸
部分張替え(ベニヤ使用)
green

横浜市都筑区 K様邸
全張替え(ベニヤ使用)
green

 

最後に

 

軒天に不具合が出ると、動物の侵入や雨漏りによる2次被害が発生してしまいます。
このような被害を防ぐためにも、軒天に「しわ」「剥がれ」がでてきたら、張替えまたはカバー工事をお勧めします。

実際の施工では「2F以上の軒天」を作業する場合、足場が必要となってきますので、他の部分の工事と一緒にメンテナンスされるのが効率的です。

また、自然災害で剥がれた場合には、火災保険が適用されますので、そちらも保険会社さんにご確認してみてください。

お問い合わせはこちらから↓↓