横浜市港北区のS様邸にて屋根カバー工事を施工させていただきました。

HPからのお問合せで、訪問する1.2週間前から寝室で天井から雨漏りが

発生しており迅速で対応させていただきました。

雨漏り個所と、屋根の状態を確認したところ、

スレート屋根材の割れと棟板金材の劣化が生じており

雨漏り個所の真上の屋根材が外れかかっていたところがおそらく

原因での雨漏りが発生しておりました。

あくまで、可能性で雨漏りはいろんなところから伝って天井に漏ります。

先々の事を考えて、また全体的な劣化状況もあり

今回は屋根のカバー工事で施工させていただく形となりました。

施工事例

仮設足場の設置後、まず既存の棟板金や雪止め金具の

解体撤去作業を行っていきます。

既存役物の解体作業が終わりましたら、撤去後の屋根を綺麗に清掃してから

新規で防水シート(アスファルトルーフィング)を張っていきます。

全体的に防水シートはしっかりと張り上げていきます。

防水シートの張りが完了したら、役物を設置していきます。

軒先の張り出し部分は水切りスターターを取付けていきます。

側面の部分は、ケラバ板金を設置していきます。

役物の取付けが完了したら、新規ガルバリウム鋼板を下から順々に張っていきます、

同時進行で、雪止めの金具も取り付けていきます。

ガルバリウム鋼板屋根を全体的に取り付け終わりましたら、

新規で棟板金の取付けを行っていきます。

まずは、木下地を取付けていきます。

木下地設置後、上にこちらもガルバリウム鋼板仕様の

棟板金材を取付けていきます。

棟板金設置後に、棟の継ぎ手部分に、コーキングによる防水を行っていきます。

外壁との取合い部分も、雨押え板金の上部にコーキングを打ち込んで防水していきます。

防水施工が完了したら最終確認を行い完成です。

工事のまとめ

屋根カバー工事は、全体的に新規で防水シートを張っていくので

今回のような特定が難しい雨漏り工事に対しては、怪しい箇所をすべて防水するので

確実に雨漏りを止めるのであれば有効な施工方法です。

また、2重で屋根を守るので雨仕舞も良いです。

断熱効果や遮熱効果も多少変わってきます。

使用材料と保証期間

今回の屋根材量は、アイジー工業のスーパーガルテクトを使用しました。

保証期間は、施工保証10年間でメーカー保証が赤錆15年で穴あき25年保証となっています。