横浜市神奈川区のS様邸にて瓦の漆喰補修を行いました。

瓦の棟部分にある白い部分の漆喰は、経年劣化により10年過ぎ位から

表面がボロボロとひび割れて剥がれてきます。

漆喰が剥がれると、内部に水がまわり直ぐにではありませんが、

雨漏りの危険性や、棟瓦の崩れなどが起きてきます。

今回はS様邸では、築30年目にて外壁塗装を行い、一緒に瓦の漆喰補修を

施工させていただきました。

その漆喰補修の事例をご紹介いたします。

劣化状況

表面の白い部分が漆喰で、内部の茶色い葺き土がみえてきています。

この状態では、水が内部に染み込みやすいので、

早期に、漆喰を詰め直しが必要となってきます。

鬼瓦の詰め物が剥がれてきています。

鬼瓦が崩れてしまったり、内部を傷める原因となってしまいます。

施工事例

漆喰の補修工事を行うにあたりまして、

まずは、下地の調整を行っていきます。

古い漆喰が残ってしまうと、新しい漆喰の接着が悪くなってしまうので

全てキレイに取り除いていきます。

下地の調整が完了したら、瓦と漆喰の間にビニール養生を敷いていきます。

その後、新しい漆喰を表面にキレイに塗っていきます。

丁寧に一か所ずつ仕上げていきます。

棟以外の鬼瓦も円を描くように、周りを塗り固めていきます。

瓦を止めている番線なども、緩んでいたり、切れていたりすることが

ありますので、この際に一緒に締め直していきます。

最後に、乾いたら養生を取り除いて、漆喰補修工事の完了です。

養生を取るとキレイに瓦部分が引き締まって見えます。

工事のまとめ

意外と漆喰部分は目に目ずらく、ついついメンテナンスを忘れてしまう箇所です。

あまりに放置しすぎて、気づいたら雨漏りしてしまっていたお宅もありました。

瓦屋根なので、半永久的にメンテナンス不要のイメージもあって、

ほったらかしにしてしまいやすいです。

最近では、瓦屋根のお宅はどんどん減ってきていますが、

現在でも瓦屋根のお宅は、漆喰部分は劣化しやすい箇所ですので、

定期的な点検とメンテナンスをおススメします。

轍建築では、横浜市で屋根の点検を無料調査行っています。

下からでは見えずらい屋根の劣化状況等を確認して、状況をお知らせできます。

築年数が経過していて、屋根の状態が気になっている方など、いらっしゃいましたら

お気軽にご相談、お問合せ下さい!