川崎市高津区のS様邸にて、棟板金の交換工事を行いました。

前回に屋根の塗装をされていましたが、棟板金はメンテナンスせず、25年経過していました。

棟板金はめくれ上がり内部の木下地が腐っていました。

下地は傷んで腐敗していましたが、幸にも棟包みが台風などで飛ぶことなく、建物内に雨漏りも発生はしていませんでした。

そんな、S様邸の棟板金を交換していきましたので施工事例をご紹介いたします。

施工事例

まずは棟包みの解体を行っていきました。

木下地(貫板)の色が、雨水を染み込み変色してきています。

木下地が腐敗すると、釘が下地にきかず浮いたり抜けてしまいます。

長期間メンテナンスをしていないと、このような状態になります。

傷んだり腐敗した木下地も解体して、下地調整を行い清掃していきます。

新規木下地(貫板)を取付けていきます。

直線に平行して2本下地をビスで打っていきます。

その後、新しい板金材を取付けていきます。

棟包み(ガルバリウム鋼板)を、先に取付けた木下地に釘で固定していきます。

材料はあらかじめ、長さを計り、加工したものを順々に取りつけていきます。

最後に取合い部分などを、コーキングで仕上げていきます。

最終確認を行い、棟板金交換工事の完了です。

工事期間は、1日で仕上げています。

工事のまとめ

屋根は雨風の影響をとくに受けやすく、劣化スピードも速い箇所です。

とくに屋根の木下地は、腐敗しやすく、不具合を起こしやすいです。

その中でも棟板金は、気づかないうちに劣化して、台風などの強風でよく飛んでしまう事があります。

最悪、雨漏りの原因にもなる可能性もあります。

棟板金は劣化しやすいため、できれば屋根塗装と一緒に交換してあげる事がベストです。

下地の状態を確認して、点検が必要です。

また、1日で作業が完了する工事内容ですので、劣化が進んできたら交換をおすすめします。

轍建築では、川崎市内で無料の屋根点検・調査を行っています。

ご希望の方は、お気軽にお問い合わせください。