川崎市のM様邸にて、屋根の葺き替え工事を行いました。

築30年目で、屋根に関してはずっとノーメンテナンスでした。

瓦屋根の寿命は30年くらいといわれており、瓦材の寿命もそうですが、

その他の谷板金の錆や漆喰まわりも劣化が進んでいました。

そして今回、台風時にアンテナが倒れて、屋根の瓦が割れてしまい

そこから雨水が侵入して雨漏りが起きてしまったので、

その事をきっかけに屋根の葺き替えを行う事となりました。

劣化状況

アンテナが倒れて、瓦が割れてしまいました。

下地の防水シートも経年劣化で破れてしまい、そこからお家の中へ水が

入り込んでしまいました。

瓦の詰め物の漆喰が剥がれて、その隙間に鳥の巣ができていました。

施工事例

工事の施工前

仮設の足場を設置して、まずは既存の瓦屋根を撤去していきます。

瓦屋根の撤去が完了しましたら、新しい木下地の12mmベニヤを全体的に

張り上げていきます。

 

ベニヤを張り上げましたら、防水シートを新しく張っていきます。

その後、各種役物(水切り・ケラバ・雪止め)を取付ながら

新規のガルバリウム鋼板屋根の本張りを行っていきます。

最後に、屋根の中央部分に位置する棟の板金を取付け、コーキングで仕上げていけば

屋根葺き替え工事の完了となります。

 

工事のまとめ

今回は、瓦の割れによる影響で葺き替えの工事を行いましたが、

瓦屋根も番線の切れや漆喰の劣化等で、台風時に瓦が飛んでしまったり

雨漏りすケースもあります。

瓦屋根だからと安心せずに、しっかりと定期的なメンテナンスと補修を

お勧めいたします。

また、瓦材が割れてしまうと、内部の防水シートも経年劣化しているため

雨漏りが起きやすいです。

屋根が重いと地震とかの影響も少なくありませんので、築30年以上の

瓦屋根のお宅では、屋根の葺き替え工事という選択肢も

一つとしてご検討されてみてください。

使用材料と保証期間

今回使用しました屋根材は、横暖ルーフのきわみです。

断熱性・遮熱性に優れており、葺き替えを行う際にはベストな商品

であると思います。

保証期間は、メーカーで1塗膜0年保証と施工で10年保証していきます。

工事内容や屋根材でご不明点などありましたらお気軽に轍建築へ

ご連絡ください!