横浜市緑区のU様邸にて、軒天張替え工事を施工させていただきました。

築35年のお宅で、外壁と屋根は金属サイディングとガルバリウム鋼板による、

メンテナンスをされていました。

外壁と屋根に関しては問題ありませんが、

木部や鉄部に関しては劣化してしまいメンテナンスが必要となります。

U様邸も、木部の劣化状況が良くなく、とくに軒天が穴が空いてしまったり、

シワになっている箇所もありました。

今回は、軒天の張替工事と木部鉄部の塗装工事を行っています。

劣化状況

軒天の素材は、木ベニヤを使用されています。

何年も雨水に晒されると、表面の防水機能も低下して雨水を吸収し始めます。

次第に、木はシワになって腐り、穴が空いてしまいます。

穴空きが大きくなると、そこから鳥の巣やハチの巣、動物が侵入します。

また、雨漏りの原因にもなります。

内部に雨水が入り込んで、部屋内部に雨染み、雨漏れが発生するのです。

施工事例

軒天張替え工事は、シンプルで既存の軒天井を解体していき、

新しいベニヤに張替えを行っていくという作業です。

今回は、部分的な張替えのため、4mmベニヤを使用しています。

他の材料でケイカル板を使用した張替えも行いますが、部分の場合には使用しません。

(ケイカル板の方が耐久性は良いです)

軒天を張り替えましたら、木部鉄部の塗装に入っていきます。

軒天は、ローラーで下塗り材と上塗り材で基本的に計2回塗装を行っていきます。

(張替え箇所は、塗料を吸い込むので3回塗る事もあります。)

塗装を行っていく事によって、防水性能を高め、美観も良くなります。

塗装を行えば、張替え工事を行ったことがわからないくらいキレイになります。

軒天カバー工事との違いは?

軒天張替え以外にも、軒天カバー工事というものがあります。

既存の軒天材を解体せずに、上からそのまま被せていく工法です。

軒天の傷んでいる箇所が多い場合にはおススメです。

ですが、今回のような部分的な場合には、向いていません。

カバーの場合には、被せた時に被せていない箇所とで、厚みの差が出てしまい、

キレイに仕上がりません。

部分の場合には、厚みを揃えてキレイに仕上げるためにも張替えが一般的です。

まとめ

軒天も雨や風の影響を受けて経年してしまいます。

他の箇所と違い、経年劣化してくると雨漏りだけではなく、

動物や虫の被害にも合ってしまうので、注意が必要です。

軒天の劣化状態は下からでも良く確認できるので、

目視で定期的に確認してあげると良いと思います。