横浜市瀬谷区のH様邸にて、軒天のカバー工事を行いました。

築30年以上で、軒天が剥がれてくることが気になりお問い合わせをいただきました。

軒天の劣化状況

表面の防水が切れて、素地が傷んで劣化していました。

軒天は雨風の影響を受けやすく、傷みが進むと剥がれたり穴が空いてきます。

施主様がご自身で、応急処置として剥がれた箇所にベニヤを上張りされておりました。

ですが、ベニヤもちゃんと垂木に打ち込み、最後塗装を行はないとまたすぐに剥がれてしまいます。

軒天カバー工事の施工事例

まずは、仮設足場を設置していきます。

軒天工事には、必ず足場が必要です。

1Fの軒天でも施工範囲が広い場合や、地面が水平でなく脚立が立ちにくい場合にも効率が悪く必要となります。

新規軒天の素材には、ケイカル板(ケイ酸カルシウム板)を使用していきました。

ケイカル板の主原料は、けい酸質原料や消石灰、パルプ等補強繊維の不燃ボードです。

湿気などの影響での反りが少なく、腐食しないので通常のベニヤよりも性能には優れます。

寸法を計測して、寸法通りにケイカル板をカットしていきます。

その後、ケイカル板の張面にウレタンボンドを塗り、タッカーで上張り(増し張り)していきます。

隙間の無いように、きっちり張っていきます。

ケイカル板の上張りの完了です。

外壁の取合い部分に、コーキングを打ち込んでいきます。

タッカーの穴や、ケイカルの継ぎ手にパテやコークボンドを打って下地調整を行っていきます。

下地調整が乾いたら塗装を行っていきます。

使用材料は、日本ペイントの水性ケンエースを使用しました。

各種養生を行った後に、細部は刷毛にて、メインはローラーにて塗布していきます。

下塗りが乾いたら再度、上塗りを行っていきます。

乾いたら養生を剥がして、細かいタッチアップ清掃を行って完了です。

BEFORE

AFTER

仮設足場を解体して完了です。

軒天カバー工事の工期は、ケイカル板張りで、2日間、塗装で1日、足場で2日間の計5日間の工事でした。

工事のまとめ

軒天も雨風の影響で劣化して、剥がれや穴が空いたりします。

穴が空くと、鳥の巣やハチの巣、動物が侵入するので早めの対処が必要です。

塗装によるメンテナンスと築30年前後で、カバーや張替えを行うことで穴あきを防止できます。

また、劣化すると雨水も侵入して雨漏りのリスクも高まりますので、定期的に状態をチェックしていくことが大事です。