川崎市川崎区I様邸にて、玄関屋根の部分のカバー工事を行いました。

ベランダ屋根の工事中に、この玄関部分の雨漏りを発見して工事に至りました。

あまり事例がすくない、玄関屋根のカバー工事の施工事例をご紹介いたします。

劣化状況

屋根の鉄板が経年劣化によって錆が進行して、穴が空き

内部に雨水が進行して雨漏りをおこしていました。

築25年以上ノーメンテナンスでしたので、鉄も錆びてしまい雨漏りしてしまいます。

モルタルの天井部分は、雨漏りでひび割れを起こして、

天井が崩れてしまう状況でした。

電球部分に水が入り込み、危険な状態でしたので取り外していmす。

モルタルの天井を解体していくと、内部の木下地も腐っていました。

現在では、あまりすくない建物内部に美観を保つために雨樋が通っているつくりをしていました。

この工法では、結局雨水の逃げ道が無くなってしまうので、屋根材が劣化してしまうと

すぐに水が漏ります。

現在ではこのような工法はほとんどなく、外側に雨樋を取付けていく形が主流です。

早速雨漏りを止めるために工事に入っていきます。

施工事例

既存の屋根を生かして、新しく屋根を被せるカバー工事で仕上げていく形となりました。

まずは、新規で木下地の骨組みを作っていきます。

屋根勾配をつけるために、少し高い位置から斜めに取付けます。

骨組みを組んだら、ベニヤを張り上げて、

木下地の骨組みを組み終わりましたら、新規防水シートを張り上げていきます。

最後に、破風板、軒天、雨樋と新しい屋根材を張っていきます。

外側に雨樋を取り付けることによって、内部に水が入り込むことはありません。

勾配もしっかりとありますで、水の流れも良くなりました。

今回はご予算の兼ね合いで、カバー工事を行いましたが、既存の屋根を全て取り払い

葺き替える工事も施工できます。

ですが、古い屋根が残り気分的に嫌でなければ、カバー工法でも十分な雨仕舞(機能)

を果たせていますので、おススメの施工内容であると思います。

仕上がり写真2

工事のまとめ

築年数が経過するとどうしても起きてしまう雨漏り。

とくに昔の雨樋を内部に通して作るやり方は、ほとんどの場合に雨漏りしています。

今回は、お家の部屋の中ではなくて、外で起きた雨漏りでしたので、まだ幸いでした。

いつどこから雨漏りしてくるのかわかりませんでので、やはり定期的な点検は

おススメさせていただきます。

轍建築では、無料で点検調査を行っていますので、お気軽にご相談ください。