ジンカリウム鋼板屋根

 

一昔前、住宅の屋根と言えば瓦やトタンといった屋根材が主流でしたが、昨今ではスレートやガルバリウム鋼鈑といった高機能をもった屋根材が多く使用されております。

そんな高機能な屋根材のひとつにジンカリウム鋼鈑があります。

ここではジンカリウム鋼鈑がどのような屋根材なのか、詳しく説明していきます。

ジンカリウム鋼鈑とは

ジンカリウム鋼板張り

 

ジンカリウム鋼鈑とは「アルミニウム55%、亜鉛43.5%、シリコン1.5%」で構成された金属鋼鈑です。

国内流通屋根の場合、ジンカリウム鋼鈑には自然石粒付きの製品が多いことから、「自然石粒付き鋼鈑をジンカリウム鋼鈑」と呼ぶ業者もいます。(自然石粒付鋼板については後ほど記述します)

そして、ジンカリウム鋼鈑とよく比較されるのが、ガルバリウム鋼鈑です。

そのガルバリウム鋼鈑は「アルミニウム55%、亜鉛43.4%、シリコン1.6%で」構成された金属鋼鈑です。

じつはこの2つ、亜鉛とシリコンの比率がわずかに違うだけで、どちらも鋼鈑を構成する素材、性能はほぼ同じとなっています。

ほとんど同じものですが、商標登録の違いがあり、ジンカリウム鋼鈑はオーストラリアのBlueScope社ガルバリウム鋼鈑はアメリカのBIECInternational社のため、呼び名が変わってきます。

ジンカリウム鋼鈑のメリット

サビに強い

 

ジンカリウム鋼鈑は金属屋根に分類されます。

これまでトタン、サイディングなどの金属建材はサビに弱い建材として認識されていました。

しかしジンカリウム鋼鈑は非常にサビに強いのが特徴です。

鋼鈑を構成するアルミニウムは酸化膜を張る特性があり、鋼鈑をサビから守ることが出来ます。さらに亜鉛には腐食生成物があり、これもサビを防ぐ効果があります。

よってジンカリウム鋼鈑は、トタンやサイディングにくらべ約5倍の耐サビ効果があると言われております。

 

高耐久

 

金属屋根はサビてしまうと穴が空いたり、強度が落ちたりし、屋根本来の役割を果たせなくなってしまいます。

ジンカリウム鋼鈑はサビに強く、鋼鈑の耐久性は20~30年と言われております。

しかし、注意しておきたいのは、ジンカリウム鋼鈑はサビないという訳ではないという事です。

非常にサビに強い鋼鈑ではありますが、メンテナンスを行わずに使用し続けるとサビが発生し、鋼鈑の耐久性の低下に繋がります。

一般的な金属屋根同様、10~15年に一度、塗装メンテナンスをすることで耐久性を保つことが出来ます。

 

超軽量

 

ジンカリウム鋼鈑は非常に軽量な屋根材です。

屋根の重みは、住宅の耐震性能と深い関りがあり、屋根が重いと地震が発生した際、振り子の様に揺れが大きくなります。

さらにその重さから建物に掛かる負荷が大きくなり、住宅倒壊に繋がります。

しかし、このジンカリウム鋼鈑は「1平米に対し約5kg」という重量です。

スレート屋根は「1平米に対し約18kg」、日本瓦は「約48kg」です。

ジンカリウム鋼鈑は高耐久ながら約35mmという薄さの為、超軽量が実現しております。

ジンカリウム鋼鈑のデメリット

遮音性がない

 

ジンカリウム鋼鈑はメリットだけではありません。

一般的な金属屋根同様、音を弾く傾向にあります。

その為、スレートや瓦に比べて雨音が室内に響いてしまうというデメリットがあります。

金属屋根で遮音対策を行う場合、屋根断熱、天井断熱、天井裏断熱といった断熱材を施工することで、騒音を軽減することが出来ます。

 

遮熱性、断熱性がない

 

ジンカリウム鋼鈑は金属屋根の為、外気温を吸収してしまいます。

その為、夏は暑く冬は寒いという遮熱性、断熱性が低くなってしまいます。

対策を行う場合は遮音対策同様、屋根断熱、天井断熱、天井裏断熱といった断熱材を施工する必要があります。

 

自然石粒付き鋼鈑とは?

自然石粒付鋼板(エコグラーニ)

 

自然石粒付き鋼鈑とはジンカリウム鋼鈑の表面に自然石粒を吹き付けることで仕上げられた屋根材です。

自然石粒が表面に吹き付けられていることで、様々な効果を生むことが出来ます。

 

メリット

①石粒がコーティングされても軽量

②金属板の欠点「遮熱性・遮音性」の改善

③メンテナンスフリー(30~40年)

デメリット

①導入コストが金属板の約「1.5倍」かかる

②金属板同様に「2.5寸以下」の屋根勾配には取付け不可

③金属板と同様に凹みやすい

④断熱材入りの商品がない

自然石粒付鋼板について、詳しくはこちらを↓↓

自然石粒付鋼板ってなに?その特徴とは?

 

まとめ

 

ジンカリウム鋼鈑(自然石粒付鋼板)はガルバリウム鋼鈑、スレート屋根と同様に人気の高い屋根材です。

呼び名が違うだけで、ガルバリウム鋼板と同等の性能があるので、人気があるのもうなずけます。

しかしながら、日本での販売は自然石粒付鋼板が主流なので導入コストは少し高くなります

ですが、それを補う「耐久性、メンテナンス性、美観性」などメリットが多い屋根材ですので、是非検討してみてはいかがでしょうか。