横浜市都筑区のN様邸にて、屋根の塗装を棟板金の交換を行いました。

既存のスレート瓦には、コケや汚れで屋根の美観や防水性能が低下していました。

また、屋根材の劣化によってスレート瓦が割れており、そのため全多的な屋根の修復と改善を行っています。

屋根材の劣化状況

屋根材のコケや汚れは、美観が悪くなるのはもちろん、雨水を吸収している証拠となります。

およそ、10年を過ぎてくると、表面の塗膜が劣化して発生していきます。

棟板金の下地を固定している釘が原因で、屋根材の割れが広がり、このようにずれが出てくることがります。

屋根材の割れやずれは、状況によって雨漏りする危険性もあります。

横浜市都筑区での棟交換の施工事例

施工を行う前に仮設足場を組んでいきます。

同時にメッシュ養生も行っていきます。

既存の棟包みを撤去していきます。

棟の下地には、このように木下地が使用されています。

既存の木下地も撤去していきます。

先ほどの、割れてずれが出ていた箇所をコーキングにて補修を行っていきます。

新しい下地を取付けていきます。

下地には、板金材を使用していきました。

木板と違って腐りませんので、長期間の耐久を期待できます。

下地の上に新しい棟包みを取付けて完了です。

棟包みは、釘ではなくビスで固定して仕上げています。

棟交換工事は1日作業で完工しました。

横浜市都筑区での屋根塗装の施工事例

屋根塗装を行う前に必ず、高圧洗浄を行っていきます。

屋根材のコケや汚れを綺麗に洗い流していきます。

高圧洗浄後は、コケや汚れが取り除かれて表面が白くなったようにみえます。

もともとはブラックでしたので、表面の塗膜が劣化していたことがわかります。

高圧洗浄後に、下塗りを行っていきます。

塗料は、SK化研のマイルドシーラーEPOを使用しています。

劣化したスレート材は、塗料を吸い込みます。

しっかりと染み込むまで念入りの仕上げていきます。

下塗りの完了で、塗料は数時間で乾いてきます。

下塗り後に、タスペーサーを差し込んでいきます。

タスペーサー後は、中塗り、上塗り作業に入っていきます。

塗料は、SK化研のクールタイトSI(シリコン)を使用しています。

中塗りを入れていきます。

中塗りの完了です。

そのほか外壁の付帯部取合いには、養生を行いコーキングで仕上げていきました。

中塗りの完了後に、仕上げに上塗りを入れていきます。

上塗り後、最終確認を行い屋根塗装工事の完了です。

屋根塗装工事は3日間で完工しています。

工事のまとめ

屋根塗装とセットでよく行われるのが棟交換です。

築20年くらいになると屋根材も劣化しますが、その他の役物も劣化してくるため仮設足場があるうちに一緒に施工を行ってしまうのがおすすめです。

その方が、あとあと無駄な費用の発生を防ぐことにつながるためです。

屋根塗装は、10年ごとのメンテナンスが理想ですが、遅くなっても間に合う場合もあります。

ですが、年数が経過するにつれて施工法の選択肢が少なくなってくるので、できるだけ早い段階での判断は必要になると思います。