横浜市泉区のK様邸にて、屋根漆喰補修工事を行いました。

屋根から、強風時に白い固まりが落ちてきて心配になったので、

屋根を点検して欲しいというお問合せをいただき現場調査させていただきました。

瓦屋根には、棟部分に白い詰め物が埋め込まれています。

この白い詰め物を、漆喰と言います。

漆喰は、瓦屋根の構造上でどうしてもできてしまう隙間部分を埋めて、

雨水の侵入を防ぐ役目を担っています。

今回のK様邸もこの漆喰部分が経年劣化で、ボロボロと剥がれてきていました。

漆喰補修工事の施工事例をご紹介いたします。

劣化状況

棟瓦の漆喰が取れて、内部の土がみえていました。

直ぐに、雨漏りすることはありませんが、内部を傷める原因になります。

施主様の不安通りに、棟瓦の漆喰がボロボロと剥がれてきている状態でした。

棟の傾斜との取合い部分の漆喰も経年劣化しています。

施工事例

漆喰補修工事は、既存の古い漆喰を全部撤去してから補修作業に入ります。

古い、漆喰があると密着が悪くて剥がれやすくなる為です。

しっかりと養生を行って、新規の漆喰を塗っていきます。

しっかりと塗り固めて、乾かしていきます。

乾いたら、養生を剥がして清掃を行い完了です。

棟瓦と傾斜部分の取合い部分も、新しく漆喰で塗り固めていきます。

鬼瓦部分と同様です。

仕上がり完成

漆喰補修作業は、長さにもよりますがおよそ1日作業となります。

費用はそんなに安くないですが、直ぐに経年劣化しやすい箇所ですので、

定期的なメンテナンスがおススメです。

1Fの玄関上部分の、漆喰も伸縮梯子を使って、キレイに仕上げていきました。

工事のまとめ

漆喰補修工事のメンテナンス目安は10年前後がおススメです。

一般的に、瓦の屋根はメンテナンスが不要というイメージがありますが、

この漆喰部分に関しては、補修が必要となってきます。

この漆喰補修をせずに、そのまま放置されてしまったお宅で、

雨漏りが起きてしまったというケースもとても多いです。

内部に雨水をまわし続けると中の盛土も、ボロボロと取れていき、

地震の際には、屋根瓦が崩れる危険性さえあります。

瓦屋根も、定期的に点検して、漆喰補修工事を行っていく事が、

屋根からの雨漏り防止に繋がっていきます。