セメント瓦

 

古くからある「セメント瓦」ですが、この屋根材は塗装が必要?と思う方も多いと思います。

粘土瓦(和瓦)と同様にメンテナンス不要なイメージがありますが「セメント瓦」に関しては塗装を行う必要性があります。

また、セメント瓦にも種類があり、その費用や適正な塗料も異なります。

ここでは、セメント瓦の違いや塗装した場合の費用についてご紹介します。

セメント瓦とはどのような屋根材?

 

一定の割合でセメントと骨材を混ぜて成形・着色して製造される瓦が「セメント瓦」で、製造方法で「プレスメント瓦」と「コンクリート瓦(モ二エル瓦)」に分類されます。

プレスメント瓦

セメント瓦

 

プレスメント瓦は、セメントと砂のモルタルを原材料として製造される瓦で、塗装と無塗装の2つの製品があり住宅の洋風化により洋瓦型や平型が多く見られます。

 

プレスメント瓦の耐久性を考えた塗り替え

 

プレスメント瓦の屋根は、汚れや苔などの経年変化や塗装が剥がれ落ちることで、見た目が酷くなることもありますが、それにより雨漏りを引き起こすことはありません。

ただ、そのまま放置していると少しずつセメントの劣化が進行して、瓦のズレや割れが発生して雨漏りにつながってしまう可能性があります。

また汚れや苔はどうしても住宅のイメージダウンになるので、定期的な塗り替えを実施して適切なメンテナンスを施すことが大切と言えます。

屋根の塗り替えをする際には、汚れや苔などをきちんと洗い落とすと共に、劣化で剥離している部分までもしっかりと処理することが大切です。

それから、瓦のズレ修正や割れている瓦の交換など塗装下処理も重要ですし、耐久性が著しく低下する可能性があるので施工時の塗膜厚が適正でなければなりません。

コンクリート瓦(モ二エル)

コンクリート瓦

 

一方のコンクリート瓦は、セメントの割合をプレスセメント瓦よりも少なくして、硬いモルタルを混ぜて製造される瓦で、「モニエル瓦」とも呼ばれています。

着色スラリーと呼ばれる着色剤を成型された瓦に厚めに塗り、アクリル樹脂系クリアー塗料をその上に塗って完成させているのです。形状から一般的に洋瓦とも呼ばれていて洋風の住宅に適しています。

 

コンクリート瓦(モ二エル)の塗り替え時の注意点

 

コンクリート瓦は表面に特殊な処理(スラリー層)をしており、再度塗装する時にはその層をきれいに取り除いてから塗装をする必要があります。

その理由は、層が残ったまま塗装をしてしまうと、塗装が劣化した層と一緒に剥がれてしまうため、コンクリート瓦を再度塗装する際には細心の注意が必要です。

また、「コンクリート瓦専用塗料」というのがあるので、一般的な塗料を塗ってしまうと早期劣化や施工不良の原因になる可能性があります。

再度塗装する時には、こうした点に注意をして適切な施工を実施することが大事なポイントになります。

 

セメント瓦の塗装費用は?

セメント瓦

 

屋根面積:50㎡~70㎡(25坪~30坪)

費用相場は、「35.6万円~43.6万円」です。(ウレタン塗料使用)

【内訳】

施工内容 費用の目安
仮設足場(メッシュシート含む)¥120,000円
高圧洗浄(水洗い)¥25,000円
下地調整費¥20,000円~¥45,000円
下塗り¥49,000円~¥56,000円
中塗り¥56,000円~¥70,000円
上塗り¥56,000円~¥70,000円
各種諸経費¥30,000円~¥50,000円
小計¥356,000円~¥436,000円(税抜き)

 

コンクリート瓦(モ二エル)系は、スレート・トタン屋根と違い、屋根材の塗料の吸い込みや凹凸が激しく、「塗料代や手間」がかかります。

費用単価に関しては、劣化状況や作業環境によっても多少変わってきます。

塗料グレード別の平米単価

 

塗料のグレード㎡単価
アクリル塗料¥1,800円~¥2,100円
ウレタン塗料¥2,300円~¥2,800円
シリコン塗料¥2,500円~¥3,100円
フッ素塗料¥3,800円~¥4,800円

 

セメント瓦の塗装は、「ウレタン・シリコン」が主流です。

 

セメント瓦に最適な塗料は?

 

セメント瓦の塗り替えは「水谷ペイント」がおすすめの一つです。

塗料のグレード

• 水系カスタムシリコン(ウレタン系)

• 水系ナノシリコン(シリコン系)

• 水系パワーフロン(フッソ系)

屋根塗装の工程
屋根材下塗り中塗り上塗り
プレスメント瓦水系パワーシーラーⅡ水系カスタムシリコン

水系ナノシリコン

水系パワーフロン

水系カスタムシリコン

水系ナノシリコン

水系パワーフロン

コンクリート瓦(1)スラリー強化プライマー水系カスタムシリコン

水系ナノシリコン

水系カスタムシリコン

水系ナノシリコン

コンクリート瓦(2)スラリー強化プライマー水系パワーフロン中塗り 水系パワーフロン

 

下塗り材や中塗り材を変えることによって、さまざま「屋根材」に対応することができます。

とくに、コンクリート瓦の塗装では、「スラリー強化プライマー」を使用した施工方法が多く採用されています。

 

まとめ

 

セメント瓦もモ二エル瓦も雨水を吸収して劣化するため、定期的なメンテナンスが必要となります。

塗装を行う場合には、塗料のグレードや種類が違いますので、適切なものを選んで使用していきましょう。

費用面に関しては、「屋根の勾配」や「下地の状態」によっても単価が異なります。

また、屋根塗装は外壁塗装とセットで行うと、費用も割安となります。

外壁のメンテナンスも必要でしたら、一緒にご検討してみてください。