築年数が10年を過ぎた時に、まず直面する工事は外壁と屋根のリフォームです。

一般的に、外壁はメンテナンスをするというイメージはありますが、屋根も瓦屋根以外は塗装によるメンテナンスが必要です。

ここでは屋根塗装の必要性やタイミングについて解説していきます。

 

屋根の塗装はなぜ必要?

 

DSC05559

 

下地の状態が悪く塗装が出来なくなる

 

屋根はノーメンテナンスでも築20年、まれに30年持っているお宅はたまにありますが、築20年以上放置してしまった屋根は塗装が出来ない状態がほとんどです。

その場合は「屋根カバー工事」「屋根葺き替え工事」という選択肢になってしまいます。

初めから、屋根葺き替えを目的として、メンテナンスしないのであれば問題ないのですが、築20年以上では塗装が難しいケースもありますので、その場合費用は高額になってしうので注意しなければなりません。

 

雨漏りすると塗装ができない

 

更には、「築16年~18年位」で屋根材の限界がきて、雨漏りを起こしてしまうお宅あります。

雨漏りしてしまった屋根は、基本的に塗装では改善できません。

雨漏り工事となると、塗装工事に比べて大幅に高額となってしまうので、その時の費用負担が大きくなってしまいます。

「屋根塗装は絶対に必要です!!」という訳ではないですが、上記の理由から先々のプランも考えて外壁と同じタイミングでの塗装を弊社ではお勧めさせていただいています。

 

屋根塗装のベストな時期は?

 

 

屋根塗装を行うベストな時期は「10年サイクル」と言われています。

新築時のコーティングされた塗膜が、10年前後で劣化が始まるためです。

そのため、まずは築10年過ぎたら屋根塗装を考えていく時期となります。

その後は、1回目の塗装で使用した「塗料のグレード」によって異なってきます。

 

塗料のグレード
塗料期待耐用年数
ウレタン8年
シリコン10年
ラジカル12年
フッソ15年

 

外壁と屋根を同じタイミングで塗装するとお得?

 

 

屋根塗装外壁塗装は同じタイミングで行えば、様々なメリットが得られます。

まず、同時に行うことで「足場代の節約」に繋がります。

足場は高所で安全に作業するために欠かせないものであり、設置をするためにはそれなりの費用がかかります。

別々に行うと2回設置する必要があって費用がかさみますが、同時に行えば1回分の設置費用で済むので断然お得です。

また、屋根塗装と外壁塗装を異なるタイミングで行うと、劣化の具合に差が生じるため、「見た目のバランス」が崩れてしまいます。

その点、同時に施工を行えば、屋根と外壁のバランスが上手く整い、美しい外観に仕上げられます。

どちらも行う予定がある場合は、同じタイミングでの塗装をおすすめします。

屋根塗装工事の施工事例 一覧

横浜市での屋根塗装は「轍建築」へ

 

横浜市で屋根塗装(リフォーム)をご希望でしたら、ぜひ屋根外壁の専門業者である轍建築にお問合せください。
轍建築は横浜市や川崎市をメインに、屋根塗装をはじめ、外壁塗装などのサービスを提供している地域密着型の会社です。

親切丁寧な対応を心がけており、工事前にはご近所の皆様にご挨拶をさせていただきます。

アフターサービス(屋根塗装・外壁塗装は基本的に5年保証)も万全ですので、安心して工事をお任せいただいています。

屋根塗装・外壁塗装の相場に関するご質問や費用の見積もりのご依頼などお問い合わせいただければ、迅速に対応いたしますのでお気軽にお申しつけください。

 

会社名轍建築
営業事務所神奈川県横浜市都筑区茅ヶ崎南5-1-24
電話番号0120-156-187
URLhttps://wadachi-kenchiku.com/