新築時から10年目になると、外壁と屋根のメンテナンスの時期に入ってきます。

その際の、リフォーム工事内容として「外壁塗装」「屋根塗装」工事をお考えになられるのが一般的かと思います。

弊社のHPでも、築10年目は外壁塗装と一緒に屋根の塗装をお勧めする記事を掲載させていただいています。

ですが、状況によって屋根塗装ではなく、屋根のカバー工事がお勧めさせていただくこともあります。

対象の屋根材としては「化粧スレート(コロニアル・カラーベスト)屋根」となり、そこから「ガルバリウム鋼板や自然石粒付鋼板」にカバーする場合となります。

もともとが「粘土瓦や金属、シングル屋根」の場合は除きます。

ここでは、築10年目で化粧スレート屋根をカバー(葺き替え)した方が良い理由についてご紹介します。

屋根カバー工事がお勧めな理由

築30年以上は屋根に塗装ができない?

 

屋根塗装は、塗膜で屋根材を保護していくメンテナンス方法ですが、その塗膜も数年で劣化してしまいます。

塗膜は「約8~10年」で劣化が進み、フッ素塗料を使用しても「約15年」で、またメンテナンスが必要になります。

外壁と比べて屋根は紫外線や雨風の影響を受けやすく劣化速度が早いためです。

一般的に屋根塗装を「10年ごと(計2回)」行った場合「築30年」ほどは持つといわれていますが、その「30年後」は屋根材本体劣化が進み、塗装では厳しい状況となってきます。

そのため、その後のメンテナンス方法として、「屋根カバーか葺き替え工事」という流れとなってしまいます。

 

築年数築10年目築20年目築30年目
工事内容屋根塗装屋根塗装屋根カバー、葺き替え

 

ただ、「アスベスト入りの旧化粧スレート材」の場合は、築30年目も屋根塗装を行っているお宅もございます

(※実質計3回塗装)

ですが近年は、すべて「ノンアスベスト材」となり、アスベスト入りと比べると耐久性が低くなっています。

まだ、ノンアアスベスト材が「30年経過」していないため何とも言えませんが、3回目の塗装は期待しない方が無難かと思われます。

長期的にみると屋根カバー

 

最近の屋根材は「ガルバリウム鋼板」や「自然石粒付鋼板」など耐久性に優れた屋根材が増えており、表面の色あせは別として耐久性は(約30年)ともいわれています。

そのため、築10年目で屋根カバーを行ってしまえば、その後「約30年」メンテナンスフリーとなります。

 

築年数築10年目築20年目築30年目
工事内容屋根カバー、葺き替え不要不要

 

築10年目と築20年目で行う塗装分、「費用」がコストカットできます。

結果、将来的なランニングコストを考えると塗装よりも遥かに経済的にお得になります。

 

約60㎡の化粧スレート屋根のリフォーム

<工事内容>築10年目築20年目築30年目合計
屋根塗装20万円20万円65万円105万円
屋根カバー65万円0万円0万円65万円

※あくまで参考の費用例です。

 

先に屋根カバーを行う事で、「約40万円」の差がでてきます。

屋根の面積が大きければ大きいほどこの費用差は変わってきます。

 

ですが、注意点として「築40年」までの計算となります。

その後は、「金属屋根」「自然石粒付鋼板」塗装によるメンテナンスが必要となるため、「築50年」までは、先に屋根カバーを行った場合の方がお得ですが、「築60年目」となると、費用は同じ計算となってきます。

ただ、「築60年」ともなると、躯体が心配となってきますので、一般的なお宅では「建て替え」の検討時期に入られるかと思います。

 

このような理由から築10年目での屋根カバー工事をお勧めしております。

もちろん、初期費用が高額な点が最大のデメリットです。

築10年目では、住宅ローンも残っており、なかなかリフォームに費用を掛けられない方も多いと思います。

そのため、「ご予算にすこし余裕がある方」で「30年以上お住まいになられる予定のある方」にはお勧めな施工方法となります。

築20年目で屋根カバー工事はあり?

 

よく頂くご質問の中に、「10年目で外壁塗装だけをして、20年ぎりぎりまで屋根を持たせてから、屋根カバー工事ではだめなんでしょうか?」という質問も受けます。

もちろん、その選択肢もありかと思います。

「屋根を30年近くノーメンテナンス」でも問題なく維持しているお宅もあります。

 

ですが、「築16年~築18年位」の時期に雨漏りして、工事をさせていただいたお宅も沢山あります。

このように屋根を「20年間ノーメンテナンス」だと雨漏りしてしまうことがあるため注意が必要です。

雨漏りするかしないかは、こればかりは何とも言えませんが、雨漏りしてしまうと余計な費用がかかる場合が多いので無駄な出費が増えてしまうのは確かです。

20年後に屋根カバーされるのならば、できれば「10年目」遅くとも「15年目」での屋根カバーがお勧めです。

 

まとめ

 

屋根カバー工事は、塗装と比べると費用は高くなります。

ですが、長期的にみると、早い段階で屋根カバー工事を行った方がお得です。

築10年過ぎのリフォーム工事では、屋根塗装だけでなく、屋根カバーも是非ご検討材料の一つにに加えてみてください。

屋根工事の事で、不明点や気になる点等ございましたら、お気軽に轍建築までお問い合わせください。

屋根カバー工事TOP>>