横浜市磯子区のO様邸にて、屋根葺き替え工事を行いました。

先日の台風の影響で屋根材が剥がれてしまい、お問い合わせを頂き対応致しました。

屋根の被害状況

 

調査に伺うと、一部半面の屋根材と防水シートが剥がれており、雨が降ったら直ぐに雨漏りしてしまう状況でした。

そのため、応急処置でブルーシート養生を行い、後日施工を行っていきました。

 

 

同時に、雨が降ると雨樋から水漏れがしていたため、一緒に雨樋交換を行っています。

水漏れの原因としては、雨樋が歪んで逆勾配となっていました。

そのほか、古くなってくると割れたり枯葉やごみの詰まりで水漏れすることがとても多いです。

 

屋根葺き替え工事の施工事例

 

既存のトタンと心木、防水シートを解体して撤去していきます。

 

 

古い屋根材を解体後、清掃を行い新規ベニヤを張っていきます。

構造用合板「12mm」を使用しています。

 

 

ベニヤ張り後、防水シートを張っていきます。

田島ルーフィングの改質アスファルトルーフィングを使用しています。

 

 

防水シート張り後、隅だしを行い屋根中央に木下地を取付けていきます。

 

 

軒先唐草を取付けていきます。

 

 

端部にけらば唐草を取付けていきます。

 

 

唐草取付け後、新規屋根材を張り上げていきます。

使用材料は、金属屋根材の「立平455」を張っていきました。

縦葺き屋根は傾斜の少ない屋根でも葺くことができ、雨仕舞効果も高く、素材はガルバリウム鋼板のため、耐久性の高い屋根材です。

また、シンプルな形状の屋根では加工する手間も少なく、比較的安価な費用で施工が行えます。

 

 

屋根材をビスで固定していきます。

上記ハゼ(立ち上がっている箇所)に、屋根材を重ねて取付けていくため、ビス穴に雨水がまわることがありません。

 

 

木下地に棟下地(貫板)を取付けていきます。

 

 

棟下地に棟包みを取付けていきます。

 

 

軒先キャップを取付けていきます。

 

 

最終確認と清掃を行い、完了です。

 

 

着工から完成までで、2日間で仕上がりました。

屋根の㎡数・作業人数によって日数は前後します。

アンテナの調整は、後日電気屋さんが対応してくれます。

 

雨樋交換工事の施工事例

 

既存の軒樋を解体して、新しい雨樋に交換していきました。

※1階の屋根は台風の影響を受けておらず被害がなかったため、2階の屋根のみ施工を行っています。

 

 

集水器と竪樋も交換しています。

新しく交換したことで、正常な勾配に戻り、水漏れが改善されています。

 

工事のまとめ

 

今回は、台風被害によって屋根材が剥がれてしまったため、瓦棒から立平に葺き替え工事を行いました。

剥がれた範囲は屋根面積の「1/4弱」で、その他の箇所も剥がれた箇所と同様の劣化状況でしたので、全体的な施工をご提案させて頂きました。

台風被害は状況によって、火災保険が適用されますので、保険屋さんに相談してみましょう。

現在では、屋根材の質も進化しているので、葺き替えを一度行えば長期間安心して過ごすことができます。

今回施工を行った、「立平葺き」もおススメなので、是非検討してみてください。

屋根葺き替え工事TOP>>