22

横浜市戸塚区のI様邸にて屋根の塗り替えを行いました。

施主様は築9年のお宅で外壁塗装のメンテナンスをお考えでしたので、一緒に屋根の塗り替えをご提案させていただきました。

外壁塗装の時に仮設足場を設置しますので、別で工事をしてしまうと屋根の塗装時にもまた足場を設置しなくてはいけませんので、足場代が2回分かかってしまうともったいないからです。

屋根材の劣化状況

it13

屋根材に細かいひび割れが複数ヵ所、棟板金の釘浮きが発生していました。

ひび割れは雨水が侵入して素材を傷める原因になります。

また棟の板金の釘浮は台風時に強風で煽られて飛んでしまう原因になります。

施工事例

it14

仮設足場設置が、高圧洗浄(水洗い)、板金釘打ち補修、ひび割れヵ所のコーキングによる補修を行いました。

i1
下地調整後、塗装作業に入っていきます。

下塗り作業(マイルドシーラーEPO)をジャブジャブに屋根材に吸わせていきます。

i2

下塗りが乾いてから、中塗り作業(遮熱クールタイト)を2回目に塗っていきます。

i3

仕上げに上塗り作業(遮熱クールタイト)を中塗りが乾いたらもう一度塗っていきます。

上塗りを仕上げたら、屋根塗装工事の完了です。

屋根塗装は3回塗りが基本工程となります。

工事のまとめ

しっかりと、屋根補修のコーキングも行い、その上にしっかりと下塗りのシーラーを下地に吸収させて、中塗り塗装をして、上塗りという基本工程です。

これで、水の浸入をしっかりと防ぎ屋根材を守ることができます。

一見、綺麗にみえてまだ大丈夫であろうと思っていても築10年経過してくると、見えないところで屋根材のひび割れ、棟板金の釘浮きなどが出てきます。

予算のご都合等はあると思いますが、屋根の定期的な点検作業を行い現状の状態を把握されておくことだけでも全然違うと思います。

使用材料・保証期間

今回は、夏の暑さが気になるという事で使用材料はSK化研の遮熱クールタイトを使用しています。

太陽の熱を塗料が反射して、部屋の内部に入る熱気を抑えてくれる効果があります。

屋根塗装工事の保証期間は5年保証となります。