4

横浜市戸塚区S様邸にて屋根の塗装工事を行いました。

施主様は18年間、ノーメンテナンスで数年前から気にはなっていたそうですが、なかなか重い腰が上がらず先延ばしになってしまっていたとのことでした。

複数社に相見積もりをして、「費用が一番安く」、「工事内容の説明のご納得」、「地元で安心」という面で轍建築を選んでいただけました。

現場調査では最適なプランをご提案させていただくため、時間をかけてしっかりと調査を行います。

劣化状況

15

屋根の状態は屋根材の防水効果は切れて屋根材の劣化、反り返りがおきていました。

コケや汚れの発生が酷く、点検時にすごく滑りがありました。

今回は大丈夫でしたが、この先に屋根に上がった際は反り返りでバリバリ屋根材が割れてきます。

そうなってしまうと、塗装はできません。

sg1

棟板金の釘浮きもありました。

強風時に剥がれる原因となります。

施工事例

高圧洗浄(水洗い)溜まった汚れや、コケを一気に洗い流していきます。

しっかりと、洗い流さないと今後の作業に影響してきます。

作業中は、汚れやがご近所様に飛ばないように足場のメッシュ養生はもちろん、気を付けながら作業していきます。

sg3

次に、下地調整と棟板金の釘打ちを行います。

1

下準備完了しましたら、下塗り作業に入ります。

下地材はSK化研のマイルドシーラーEPOを使用しています。

屋根材の劣化により塗料の吸い込みが激しく、2回下塗り材を入れています。

下塗り材はいわゆるノリみたいな塗料で、屋根材と本塗りの塗料が密着しやすいように塗る塗料となります。

sg7

次は、中塗り作業、SK化研のクールタイトを塗装していきます。

今回は勾配があり、反り返りもあったのでタスペーサーは入れていません。

差し込み部分に隙間があると、うまく入らず抜けてしまうためです。


中塗りが仕上がりましたら、最後にもう一回上塗りを塗っていきます。

劣化具合によって本塗りを3回塗る場合もあります。

もちろん、追加料金等はかかりません。現場調査時に判断していきます。

5
屋根塗装工事の完了です。

工事のまとめ

今回の工事では少し勾配があり通常より日数がかかりました。

これ以上に屋根の勾配が出てきますと屋根足場が必要になり、料金も増してきます。

ですが、この勾配があったからこそ屋根の水はけが良くなり、屋根材の寿命が延びているのは確かです。

あまり放置してしまうと塗装工事ができなくなってしまうので、早めの施工がおススメです。