7

横浜市保土ヶ谷区のK様邸にて屋根塗装工事を施工させていただきました。

屋根は20年間ノーメンテナンスで、屋根材は劣化が進んでいました。

施主様は劣化状況を心配されており、数社見積もりを取り比較検討を行い、「費用面」と「会社が近いから」というご理由で轍建築にお任せいただきました。

屋根材の劣化状況

k6

20年ほど前に塗装をしていますが、屋根材のコケ、藻、表面の剥離、ひび割れが発生していました。

屋根材が雨水を吸収して素材が傷むと、このような状態になります。

こののま放って置けば年数後に最悪雨漏りする可能性も出てきてしまいます。

施工事例

k7

高圧洗浄後にケレン作業(下地調整)、ひび割れ補修を行い3回塗りで仕上げました。

21

下塗り材の(シーラー)をジャブジャブに吸いきるまで、屋根に塗料を吸わせて、中塗りを塗装していきます。

再度、中塗りが乾いたら、もう一度上塗りを塗って仕上げていきます。

今回、使用した材料は、SK化研のヤネフレッシュという材料です。

カラーベストに適した塗装材です。

工事のまとめ

カラーベストは年中紫外線や雨風に晒されているので、日々劣化が進みます。

とくに、防水効果が低下した屋根材は雨水が染み込み、コケや藻が発生します。

また、雨水で染み込み、晴れた日に乾いてを繰り返すと、素材が反り上がって割れる原因となってくるのです。

今回は、高圧洗浄で20年分のたまった汚れを取りきるのに時間を要しました。

また、劣化した屋根材は塗料を吸い込みますので、下塗りは2回入れています。

中塗りと上塗りを入れると計4回塗りです。

劣化状況によって塗装ができない場合が出てきますので、目安としては10~15年位までの間には屋根塗装はおススメです。

塗装できない場合とは、剥離が激しく、塗装してもすぐに塗膜が剥がれてしまう状況です。

その場合には、屋根カバー工事や葺き替え工事という選択肢となります。

轍建築では横浜市で無料の屋根点検調査を行っていますので、お気軽にお声がけください。