横浜市神奈川区のA様邸にてコロニアル屋根の塗装工事を行いました。

築10年過ぎで、外壁部分のコーキングなどが劣化してきており、外壁塗装と一緒に屋根塗装工事を行う事になりました。

屋根は一見、あまり傷みが少ない様に感じられましたが、実際に屋根に登り点検してみると、表面のコロニアルの割れや剥離が複数ヵ所で確認しました。

屋根の塗装に入る前に念入りに補修を行ってから作業を進めていきました。

劣化状況


コロニアル屋根に剥離がおきていました。

ニチハのパミールという屋根材で、表面がボロボロとはがれてきます。

放って置くと、内部に雨水が入り込み防水シートを傷めて雨漏りの原因にもなってきます。

棟板金が複数ヵ所浮いてきていました。

内部の木下地が劣化してきている証拠で強風時に板金が飛んでしまう事もあります。

施工事例

高圧洗浄後に棟板金に錆止めを入れていきます。

棟板金の釘浮きを防ぐ為に、釘穴に釘を打ち直した後、コーキングにて補修していきます。

屋根材には、下塗り(シーラー)をいれていきます。

下塗り後に、屋根材の隙間にタスペーサーを挿入していきます。

屋根裏の湿気の逃げ道を確保していきます。

下塗りが終わりましたら、中塗りを入れていきます。

ひび割れヵ所には、コーキングで補修を行って、その上に乾いてから中塗りを行っています。

中塗り後に、乾いてから、上塗りを仕上げていきます。

中塗りでコロニアル材に塗料を染み込ませて、上塗りでその上から塗料を塗って塗膜の厚さをつくり、耐久性を良くします。

塗装の3回塗りが終わりましたら、屋根の塗装工事の完了です。

屋根塗装工事の完了です。

艶ありで、太陽にあたると光ってみえます。

屋根材を塗膜で保護して、屋根材の劣化を防ぎます。

工事のまとめ

スレート屋根材は10年を過ぎてくると、一気に耐久性が劣り劣化スピードが上昇していきます。

また今回は、約10年ほど前まで製造されていたニチハのパミールという屋根材でした。

アスベストが禁止されて、ノンアスベスト材として出回り始めた当時のスレート屋根は、表面がすぐにボロボロと剥がれてきます。

この屋根材の場合は10年メンテナンスという周期は関係が無くなってきます。

今回は塗装で仕上げましたが、予算がありましたら屋根カバー工事がおススメです。

屋根の事でご不明点等ありましたらお気軽に轍建築にご相談ください。

保証期間・使用材料

工事完了日から5年間の保証となります。

使用材料は、SK化研の遮熱クールタイトを使用しました。