横浜市神奈川区のT様邸で屋根の塗り替えを行いました。

築10年目で今回が初めての塗装工事となりました。

足場を建てて、外壁塗装と一緒の施工です。

スレート材(屋根材)は、アスベスト含有の材料からアスベストが無くなったときに使用され始めた屋根材を使っていた為、表面がボロボロ剥がれてしまう状態でした。

その為しっかりと下地の処理を行っていき、屋根の塗り替えを行っていきました。

劣化状況

屋根材の表面の素材が剥がれてきています。

放置してしまうと水を吸収し続けて、更に悪化してしまいます。

最悪、雨漏りの原因に繋がります。

施工事例

仮設足場の設置後、全体的に高圧洗浄を行っていきます。

高圧洗浄後に、乾いたら下塗りに入っていきます。

棟板金は、錆の防止のため、錆止めを入れていきます。

スレート材は、下塗りのシーラーを入れていきます。

本塗りの塗料と、屋根材の密着を高めていきます。

下塗りが完了したら、細かいひび割れ箇所や表面の剥がれ箇所をコーキングにて補修していきます。

その後、タスペーサーを挿入していきます。

一枚の瓦に、2箇所設置していきます。

下地調整、タスペーサーが終わりましたら、中塗りに入っていきます。

中塗り後、上塗りを仕上げていきます。

全体的にはローラーで、細かい個所は刷毛などで仕上げていきます。

細かい所を念入りにチェックしながら、最終仕上げを行っていきます。

屋根の塗り替え完了です。

表面の剥がれは完璧にきれいにすることはできませんが、塗装前よりも塗膜により防水効果は高まりました。

工事のまとめ

工期は屋根の塗り替えだけで3日間でした。

雨なども降らずに順調に作業は進みました。

今回の屋根材は、約10年ほど前まで製造されていたニチハのパミールという屋根材です。

アスベストが禁止されて、ノンアスベスト材として出回り始めた当時のスレート屋根は、表面がすぐにボロボロと剥がれてきます。

この屋根材の場合は10年メンテナンスという周期は関係が無くなってきます。

今回は塗装で仕上げましたが、予算がありましたら屋根カバー工事を推奨しています。

保証期間・使用材料

屋根塗装工事は5年間の保証となります。

使用材料は、エスケー化研の遮熱クールタイトSIを使用しました。

耐久性・遮熱性ともに効果が高いおススメ塗料です。