横浜市旭区のK様邸にて、トタン屋根の塗装工事を行いました。

築年数は経過しており、20年間ノーメンテナンスで屋根の状態は劣化が進行していました。

下からでは屋根の状態がわからなく、20年間放置してしまったそうです。

今回、低予算での施工をご希望でしたので、できる限りの下地調整と補修を行い、屋根塗装で仕上げさせていただきました。

トタン屋根の劣化状況

劣化状況は瓦棒の板金の釘が浮いてきており、内部の木下地材(心木)も劣化していました。

全体的に赤錆が発生していました。

施工事例の写真

大屋根の塗装

表面のケレン作業(旧塗膜撤去)をしっかりと行い下地を整えてから、釘浮きの補修とコーキングでの補修を行っていきました。

素材に凹凸があると塗膜が剥がれやすいので、下地調整がとても大事な作業となります。

その後、下塗り(錆止め)を行っていきます。

下塗りが乾いたら、中塗りを行って、仕上げに再度上塗りを行っていきます。

屋根以外にも、木部鉄部の塗装(窓枠、破風板、霧除け、軒天、雨樋、鉄骨階段)の塗装を行っていきました。

霧除けの塗装

霧除けも大屋根と同様に、錆止めを塗った後、中塗り、上塗りと塗装を行っています。

鉄骨階段の塗装

鉄骨は、旧塗膜と錆による劣化がでてきており、サンダーで削り上げて表面の下地調整をおこなっています。

その後、こちらも錆止めを塗っていき、ウレタン塗料3回塗りでしっかりと仕上げました。

工事のまとめ

トタン屋根は錆びやすく、塗膜の劣化がとても早いです。

今回は、塗装時期としては遅くなってしまい仕上がりが心配でしたが、何とか塗装でおさめることが出来たので良かったです。

ですが劣化してしまった下地などは塗装工事では復旧できませんので、部分的な交換工事または葺き替え工事となります。

塗装で低予算で長持ちさせていくためには、定期的なお手入れが必要となります。

築10年以上、またはメンテンナンスしてから10年以上経過してきましたら、屋根は念のためチェックしていきましょう。