横浜市南区のY様邸にて瓦棒屋根の葺き替え工事を行いました。

施工主様は以前から屋根材の錆びが気になられており、お見積もり依頼を受け対応させていただきました。

現地調査を行い、お見積り内容は塗装と葺き替え工事と2パターン作成しましたが、屋根材も古く、雨漏りもしていたため葺き替え工事をおススメさせていただきました。

お見積り業者は計3社ほど取られましたが、費用が安く、細かい説明、地元の業者いうご理由でお選びいただけました。

屋根材の劣化状況

ym11

鉄板面の錆による腐敗や心木の腐りがありました。

トタンは錆びやすく、塗装では8年ごとがベストな屋根材です。

20年以上メンテナンスされておりませんでしたので、塗装を行ってもすぐに剥離してしまうためおススメできません。

ym12

屋根材が一部剥がれている箇所を確認すると、内部の木下地が腐って湿っておりました。。

軒天に雨染みが出来ており、雨漏りしていました。

施工事例

2

既存の鉄板と心木を解体撤去していき屋根面の清掃を行っていきます。

ym1

その後、新しく12mmベニヤを増張りしていき、防水シート(改質アスファルトルーフィング)を張っていきます。

※強風であったため、防水シートが飛ばされないように、木材で仮固定を行っています。

ym2

防水シート張り後、軒先に唐草を取付けていきます。

ym3

屋根中央に木下地を取付け、新しい屋根材を張り上げていきます。

6

屋根中央に、貫板と棟包みを取付けて、コーキング処理を行い完了です。

工期は、3日間の作業でした。

工事のまとめ

古い屋根材の全撤去と、傷んでいた下地の補修を行い、ガルバリウム鋼板屋根に交換を行っていきました。

新しい屋根材に変わり、雨漏りの心配はなくなったので施主様にはご安心いただけました。

今回は屋根勾配があまりなかったため、新規屋根材の種類には限りが出てきました。

勾配がない場合には、縦葺きのガルバリム材で仕上げることがほとんどです。

勾配以外にも、その屋根・状況に適した屋根材を選ぶことが非常に大事になってきます。

使用材料・保証期間

使用材料はセキノ興産の立平ロックを使用しています。

屋根葺き替え工事の保証期間はメーカーと轍建築にて10年間となります。