横浜市のT様邸にて、霧除け(庇)部分の交換工事を行いました。

今回、外壁塗装工事を行う際に、足場を建てて、作業中に霧除けの傷みを発見しました。

トタンと木部の取合い部分に隙間空き、そこかから内部に水が回って木下地を腐らせていました。

上から確認すると傾いており、木の腐敗もあって崩れてしまう可能性がありましたので、全体的に解体して新設する工事を行っていきました。

劣化状況

内部の下地が傷み、トタン部分が外れかけていました。

ここから、内部に水が入り込んでいます。

トタン部分を解体すると、想定通り内部の木下地が全体的に腐っていました。

この状態では部分補修は難しく、交換した方が安心できます。

施工事例

まずは、既存のトタン、木下地などを全て解体撤去していきます。

新規の木下地を新設していきます。

屋根の下地、野地板を張っていきます。

野地板を取付け、その後新規板金を取付けていきます。

軒裏、新規ケイカル板を取付けていきます。

最後に、板金部分と、ケイカル板、一式塗装で仕上げていきます。

また、外壁との取合い部分は、一周ぐるりと、コーキングによる防水作業を行っていきます。

塗装は素地の状態よりも防水効果を高めていく為にしていきます。

また、見栄えも綺麗になってきます。

霧除けの仕上がり完成です。

工事のまとめ

工事期間はおよそ3日間の作業内容でした。

L字で、長さもありましたので、少し日数はかかりました。

他にも霧除けはありましたが、この箇所のみ水が入り込み木下地が腐っていました。

おそらく、雨風の影響を受けやすい箇所にあり、劣化が大きく進んでしまったのだと考えられます。

また、足場を設置して上から見ないと気づかない場所であり、このままでは崩れる可能性もありましたので、他の工事中に傷みを発見できて良かったと思います。

今回の様に状態がみえずらい箇所の劣化が進行しているケースはよくあります。

これを防ぐ為にも全体的な点検・チェックを出来る限りしていく事が、非常に大切となり、またお家を長持ちさせる秘訣になっていくと思います。