横浜市南区のS様邸にて玄関入り口部分の屋根の新設工事を行いました。

先日、S様邸にて外壁塗装と屋根塗装工事の施工をさせていただきました。

その工事中に玄関上の屋根部分から雨漏りが発生しており、内部を確認したところ木下地が腐っておりました。

全体的に腐っていたため、塗装工事と一緒に玄関屋根の新設工事を行うこととなりました。

施工事例

既存の軒天を解体撤去していきました。

内部の確認を行うと、今にも崩れそうな劣化状況でした。

軒天を全解体すると、木材がふかふかな状況で、真ん中に向かって下がってきています。

次に、雨樋と破風板の解体を行っていきました。

同時進行で、既存屋根材(波トタン)の解体撤去を行っていきます。

軒先の野地板が水の侵入(雨漏り)で腐っています。

 

野地板の状態をみると、波トタンがまったく機能していなかったことがわかります。

引き続き、解体を進めていきます。

最後に、野地板、木下地の解体撤去を行っていきます。

二本の柱は、まだ使えるため、柱だけ残して他は全ての解体が完了しました。

細かい寸法を計って、新規屋根を新設していきます。

新しく、木下地、野地板を設置して、化粧板を取付けていきました。

防水シートを張って、新規屋根材には立平ロックを葺いています。

最後に雨樋の新設(軒樋・竪樋・集水器)を行い、玄関照明を取付けて、新しい玄関屋根の完成です。

工事期間は、解体から新設までで1日の作業でした。

工事のまとめ

今回、塗装工事に入る事で、作業中に屋根の内部の異変に気付くことが出来ました。

外見では問題なさそうに見えますが、内部をあけたら大変なことになっているケースは多くあります。

今回のように屋根材がトタンで、30年経過しても手を加えないと雨漏れしてしまいます。

なかなか、外見だけでは不具合に気づくことは難しいため、20~30年経過してきましたら木材の腐り等がないのか専門家に調査してもらうと良いかもしれません。

早期発見できた場合には、塗装や部分的な修理で解決できることが多いです。

轍建築では、無料で現地調査やお見積りを行っていますので、古くなった屋根や部材など気になる箇所がありましたらお気軽にご相談してみてください。