横浜市南区U様邸にて、屋根カバー工法で施工を行いました。

屋根カバー工法は、既存のスレート屋根を解体せずに残したまま、その上に防水シートを張り、新しい屋根材をカバーしていく工法です。

一昔前は葺き替え工事が主流でしたが、現在では主にこのカバー工法で施工することが多くなっています。

U様邸では、はじめは棟板金などの補修後に屋根塗装をお考えでしたが、劣化状況と先々のランニングコストを考え屋根カバー工法をご提案させて頂きました。

屋根の劣化状況

全体的に棟板金の釘が浮いていました。

下地が木材のため劣化すると釘が緩んで浮いてきます。

スレート屋根にヒビ割れやコケが発生していました。

屋根全体が経年劣化により防水効果が低下すると、ひび割れやコケ、藻が発生してきます。

施工事例

既存のスレート屋根の上に防水シート(ルーフィング)を張っていきます。

防水シートは、KMEWのノアガードⅡを使用していきました。

高分子系ルーフィングで、改質アスファルトルーフィングと同等の耐久性があります。

防水シートは釘やタッカーで取付けていきますが、このノアガードⅡは釘やタッカーが打たれた後に、表面と裏面で防水層がまとわりつき、釘穴の止水性を発揮します。

防水シート張り後に、新規屋根材を軒先から順々に張っていきます。

同時に雪止め金物を取付けていきます。

新規屋根材の張り上げが完了したら、棟板金を取付けていきます。

棟板金の下地には、板金を使用しています。

木下地と違って腐らず、ビスで固定してくため釘浮きなどの心配はなくなります。

コーキング材で防水処理を行っていき、完成仕上りとなります。

工事のまとめ

屋根カバー工法では、防水シートの向上、屋根材の向上、棟板金・役物の向上と全体的に質が格段に上がります。

塗装作業でしたら何年か経ち再び塗装をしなければいけません。

その時にはスレート屋根自体の寿命もありますので、塗装するたびに塗膜の耐久性は低下していきます。

もちろん、ご予算の問題もありますので、あくまでおススメの工法という意味です。

屋根リフォームを行う際には、いろいろな工法や屋根材を比較して検討してみてください。

使用材料・保証期間

アイジー工業 スーパーガルテクトを使用していきました。

色は、シェイドモスグリーンです。

アルミニウムと亜鉛の鋼板ですので錆などに大変強く、メーカー保証が(塗膜15年・赤錆20年保証)(穴あき25年保証)となっております。

屋根材にもいろいろな種類がありますので、ご不明点やご質問などがありましたら轍建築までお気軽にお問

いあわせご相談ください。