横浜市港北区のS様邸にて屋根カバー工事を行いました。

寝室で天井から雨漏りが発生したため、お問合せをいただき対応させていただきました。

雨漏り箇所と、屋根の状態を確認したところ、ちょうど天井の真上の屋根材(コロニアル)が割れていました。

おそらく、割れた箇所が原因での雨漏りですが、同じようにひび割れ・劣化している箇所も全体的にあったため部分的な屋根修理(雨漏り工事)と全体的な屋根カバー工事と2通りでお見積りさせて頂きました。

今回は、どちらも足場が必要なことと、先々他の箇所でも雨漏りする可能性も考えられましたので、屋根カバー工事をお選びになられました。

施工事例

仮設足場の設置後、まず既存の棟板金や雪止め金具の解体撤去作業を行っていきます。

既存役物の解体作業が終わりましたら、撤去後の屋根を綺麗に清掃を行い、防水シート(改質アスファルトルーフィング)を張っていきます。

全体的に防水シートを釘止めで張り上げていきます。

防水シート張りが完了したら、役物を設置していきます。

軒先の張り出し部分に唐草を取付けていきます。

端部には、ケラバ水切りを取付けていきます。

役物の取付けが完了したら、新規屋根材のガルバリウム鋼板を軒先から順々に張っていきます、

同時進行で、雪止め金具も取付けていきます。

ガルバリウム鋼板の取付けが完了したら、棟板金の取付けを行っていきます。

下地をビスで取付けていきます。

木下地設置後、上にこちらもガルバリウム鋼板仕様の棟包みを取付けていきます。

棟の継ぎ手部分には、コーキングで防水処理を行っていきます。

外壁との取合い部分も、雨押え・流れ用壁捨板を取付けて、板金の上部にコーキングを打込んで防水していきます。

防水施工・清掃が完了したら最終確認を行い完成です。

工事のまとめ

屋根カバー工事は、全体的に新規で防水シートを張って新規屋根材を葺く工事です。

今回のような雨漏り工事に対しては、怪しい箇所も含めて全体的にカバーしていくので、確実に雨漏りを止めるのであれば有効な施工方法です。

また、屋根が2重となるので雨仕舞効果はもちろん、断熱効果や遮熱効果も多少変わってきます。

予算が合えば雨漏り改善として、カバー工事も検討してみてください。

使用材料と保証期間

今回の屋根材量は、アイジー工業のスーパーガルテクトを使用しました。

保証期間は、施工保証10年間でメーカー保証が塗膜15年で穴あき25年保証となっています。