7

横浜市南区のY様邸にて、屋根の雨漏り工事を行いました。

建てた時から、屋根の勾配があまりなく水の流れが悪い状態でしたが経年劣化により、波板部分の屋根が逆勾配になってしまい、雨樋に水が流れず、反対に屋根裏側方面に水が流れて雨漏りしていました。

古い波板の交換をしても、また同じような状況になってしまい改善できなかった為、新しく屋根を造作する形となりました。

既存の屋根をすべて解体して、新たに屋根を作り直すと大きな費用と手間がかかってしまう為、新たに上に屋根を造作していくことになりました。

施工事例

施工前はほとんど勾配がなく、波板の上に水がたまっていました。

既存の屋根の上から新規で木下地を組んでいきます。

寸法をしっかりと計測して、しっかりと高さをつけて勾配をとっていきます。

8

木下地の骨組み(垂木と束柱を設置してビスで固定)が出来上がったら新規の波板を新たに取付けていきます。

その後、4方面にぐるりと板金を巻いて、水の入り込む隙間を無くしていきます。

最後に、コーキング防水仕上げを行い完成です。

工事のまとめ

工期は3人で一日作業で仕上げました。

雨漏り工事では、完工するまでにあまり時間をかけられません。

天気の状態が悪く雨が降ってしまう前に、人数を入れて一気に仕上げていきました。

今回、新たに屋根を造作したことにより、その後雨漏りは完全に止まりました。

解体して作り直すよりも、上から造作することにより大幅にコストカットすることができました。

見栄えはあまり良くありませんが、雨仕舞いとしては完璧です。

下からではこの箇所は見えないことが幸いでした。

工事費用が安く、雨仕舞も良く、雨漏り止まったのでこの状況に対してベストな工法ではあったと思います。

雨漏りはどんな所からおきるかわかりません。

雨漏り箇所の特定はなかなか難しく、雨漏りの改善方法も一定の法則はなく、お家によって工法は異なるので、また難しいです。

雨漏り工事の事は、屋根の専門家にご依頼がおススメです。

横浜市の雨漏りのご相談は轍建築まで何でもお気軽にご相談ください。