横浜市戸塚区のT様邸にて、棟板金の交換と屋根塗装工事を行いました。

築25年のお宅で、棟板金は一度もメンテナンスををされていなかったので、経年劣化による寿命と屋根の塗装は以前のメンテナンスから10年以上経過されていて表面の経年劣化が発生しており、今回の工事を行いました。

経年劣化の状況

DSC02550

棟板金の釘浮きが発生していました。地震や経年劣化で内部の木下地が傷み、釘が徐々に緩んで抜けてきます。最悪は強風時に棟板金が飛んでしまう原因になってしまいます。

DSC02552

棟板金の浮きがあり、隙間から内部に水が入りやすくなっています。この状態では木下地の寿命が縮まる原因になります。

DSC02561

屋根材のコケや汚れが発生していました。水を吸収している証拠で防水効果が、切れ始めています。

施工方法

DSC02572

まずは、塗装工事の前に棟板金の交換から入ります。

既存の棟板金の解体撤去を行っていきます。

DSC02573

解体が終わったら、新規の木下地(貫板)を新設していきます。

一つの棟に木下地を2本ビスで取付けていきます。

DSC02580

木下地の取付けが完了したら、新規の棟包みを取付けていきます。

棟包みの素材は、ガルバリウム鋼板材です。

材料はあらかじめ寸法を測って工場で加工して使用しています。

三つ又の取合い部分をコーキングで仕上げて棟板金交換工事の完了です。

 

DSC02568

棟板金の新設が完了したら、塗装工事に入っていきます。

まずは、高圧洗浄を行いコケや汚れ、旧塗膜などを綺麗に洗い流します。

DSC02586

その後、下塗り(シーラー下地)を塗っていきます。

本塗りが密着しやすいように塗る塗料です。

DSC02583

下塗り後に縁切りを行い、屋根材の隙間にタスペーサーという役物を設置していきます。

DSC02587

タスペーサーの設置後は、中塗りの塗料を塗っていきます。

こちらは本塗りの塗料でSK化研のヤネフレッシュという塗料を今回は使用しています。

耐久年数は約10年前後といわれています。

DSC02590

中塗りが完了して乾ききりましたら、もう一発本塗りの塗料を上塗りしていきます。

塗装工事の基本工程として、下塗り、中塗り、上塗りと3回塗りとなります。

ですが、場合によっては劣化具合により4回塗りしていく場合もあります。

DSC02593

最後に、細かい所をしっかりと確認して手直しなどを行い完了となります。

交換した棟板金も塗装で仕上げました。

まとめ

棟板金も古くなってくると不具合が出てきますので、塗装工事のメンテナンスと一緒に今回の様に交換するのもお勧めです。

屋根材は25年でしたが、定期的に過去にメンテナンスをされてきたので、今回も塗装ができました。

お家を長持ちさせる秘訣は屋根・壁・水回りですので水の侵入をしっかりと防ぐためにも敵的なメンテナンスはお勧めです。