横浜市南区のT様邸にて棟板金の交換と屋根塗装を行いました。

約20年程ノーメンテナンスで、屋根と外壁材も劣化が進行していました。

何社かお見積もりを取られて、その中で弊社をお選びいただいた理由は地域密着で会社が近いのと、担当した営業の人柄が良かったという事でした。

そんなT様邸の施工の流れをご紹介させていただきます。

劣化状況

棟板金の釘が浮いていました。

上記の写真の通り、棟板金の釘が浮き、更に年数が経過して釘自体も錆びてしまっている状況でした。

棟板金自体も浮いてきており、よく台風など強風時に飛ばずによく耐えられたなと正直感じました。

内部の木下地も腐敗しており、このままでは塗装するわけにはいきませんので交換していきます。

スレート屋根が経年劣化しており、表面にコケや汚れ、カビが発生しています。

表面の防水効果が切れていますので、スレート材のひび割れが起き、塗装での作業は限界まできています。

施工事例

まずは、高圧洗浄を行い既存のコケや汚れを綺麗に洗い流しました。

綺麗に洗い流すと表面の色が白くなったようにみえます。

早い時期に施工を行えば、ここまで色は落ちませんので、劣化が進んでいた証拠ですね。

次に、棟板金の施工から入ります。

既存の板金材と、木下地を解体撤去していきます。

解体するとこのような状態になります。

解体後、新規木下地を新設していきます。

新規の木下地を打ち込んでいきましたら、新規板金材を取り付けていきます。

板金材を取付けたら、棟の取合い部分にコーキング材を打ち込み、

棟板金の交換工事は完了となります。

次に、屋根塗装に入っていきます。

下塗り(シーラー下地)の後に、タスペーサーを挿入していきます。

タスペーサー挿入後に、屋根の中塗りをしていきます。

中塗りが乾いたら、最後に上塗り仕上げを行い、塗装工事は完了となります。

細かい部分など、念入りにチェックを行い、問題がなければお引渡しとなります。

工事のまとめ

屋根材のちょうど真ん中にある棟板金は、スレート屋根の継ぎ目を塞ぐ大事な役物です。

この部分が、台風などで飛んでしまい、雨漏りしてしまったというケースが非常に多くお問合せいただきます。

築10年前後になると、棟の釘が浮いてきますので定期的な屋根のチェックをおススメさせていただきます。