屋根リフォーム・屋根修理をお考えの方

 

あなたのお家は、築年数・前回メンテナンスからどれくらいの年数が経ちますか??

もし下記に内容に当てはまるのであれば危険信号が出始めています。

チェック項目

築10年以上経過していて、まだ一度もメンテナンスされていない。

屋根の点検を10年以上行っていない。

最近、リフォームのチラシや訪問営業が増えた

台風・大雪・地震で屋根の一部が飛んだり、割れや崩れてしまった

などなど。

特に屋根は下からでは見えずらく、気づかないうちに屋根材に「ひび割れ・剥離・漆喰の割れ」など起きていることがよくあります。

放って置くと、雨漏りしてしまう場合も数多くあります。

このような状況では、「屋根リフォーム」または「屋根修理」を行う時期には入っていると考えて良いと思います。

 

お家を長持ちさせる秘訣は??

 

お家を長持ちさせる秘訣は「ヤネ・カベ・水まわり」です。

雨漏りや水漏れによる水の侵入さえ防げればそれだけお家は長持ちします。

水の侵入を防ぐ為に屋根リフォーム時期は築または前回メンテナンスから8年~10年位から手を入れてあげると綺麗な状態で長持ちします。

結局、先延ばしが続くと、木の腐敗塗料が塗れなくなる状況となり、余計な費用がかかりどんどん大きな工事となってしまいます。

ただ、何十年も工事していなくても、まだ間に合う場合があります。

「そろそろかな」、と思われましたらまずはお気軽にご相談ください。

 

屋根リフォーム

 

屋根リフォームは、劣化して古くなった屋根を新しく綺麗な状態に戻すために行います。

築10年~20年を目安に定期的に行っていくことがおすすめです。

屋根リフォームの施工方法は、「屋根塗装、屋根カバー、屋根葺き替え」などがあります。

施工方法の選び方

・既存屋根の種類、勾配

・屋根の劣化状況

・お客様の将来設計

上記項目によって、屋根リフォームのご提案内容も変わってきます。

費用面に関しては、「施工内容・塗料ランク・新しい屋根材の商品」によって様々です。

「屋根リフォーム」について詳しくはこちら>>

横浜市での屋根リフォームの施工事例

屋根塗装工事

KB1

既存の屋根材に高圧洗浄(水洗い)を行って、屋根表面に塗膜を施し、防水効果を高めていく工事です。

築10年目で、初めての屋根リフォームを行うときは屋根塗装がおススメです。

屋根リフォームの中では、一番安価でしっかりと雨水の吸収、経年劣化を防いでくれます。

屋根カバー工事

既存の屋根材の上に、新規木下地・防水シートを張り、新しい屋根材を葺いていく工事です。

廃材処分費がかからず、安く仕上げる事ができ、2重屋根となる為、「雨仕舞効果」、「断熱性能」が高まります。

デメリットは、古い屋根材が残りその分少し重たくなることです。

屋根葺き替え工事

既存の屋根材を解体撤去して、新規木下地・防水シートを張り、新しい屋根材を葺いていく工事です。

古い屋根材が残らないので、屋根が軽量になり地震などの影響を受けにくくなります。

デメリットは、既存の屋根材の解体費・処分費がかかって手間と費用がかかることです。

屋根葺き直し工事

既存の瓦を一旦撤去して、下地の交換や補強をした上で、瓦をまた元に戻す工事のことです。

既存の瓦を再利用できるため、処分費や新しい屋根の材料費がかからいないというメリットがあります。

デメリットは、見た目(外観)が変わらない点、軽量化できないなどです。

 

屋根修理

 

屋根の経年劣化、雨漏りが発生した場合に、ご予算に応じて部分的な修理や交換を行っていきます。

とくに、自然災害(台風・強風・大雪・地震など)での緊急性がある屋根工事が主な対象です。

被害状況

・屋根の部材が一部剥がれた

・屋根材が割れて落下した

・瓦がずれた、崩れた

・雨樋が歪んだ、割れた

・軒が剥がれた

・雨漏りした

台風や雪の影響で被害を受けた場合に、対象箇所を「補修・交換・防水処理・塗装・葺き替えや内装工事」を行って修理していきます。

費用面に関しては、「劣化・被害状況」「修理箇所の長さや大きさ」によって大きく差が出てきます。

「屋根修理」について詳しくはこちら>>

横浜市での屋根修理の施工事例

瓦修理、差し替え

棟板金交換工事

棟瓦積み直し工事

漆喰補修工事

庇カバー、改修工事

雨樋交換工事

破風板金工事

軒天張替え工事

雨漏り修理

 

屋根と一緒に外壁リフォームもお任せ!!

 

ほとんどの屋根工事で仮設足場がどうしても必要となります。

そのため、ご予算が合うようでしたら、屋根と一緒に外壁リフォームを行うと効率的です。

外壁リフォームは、お家の美観を保つ為でもありますが、一番重要なのは、お家の寿命を延ばし長持ちさせることです。

放って置くと「外壁のひび割れ」「雨漏り」「シロアリ」などの被害が大きくなり、内部の木材を傷めてしまいます。

外壁のリフォームも、定期的に行う事が、お家を長持ちさせる秘訣となります。

費用面に関しては「㎡数」×「塗料や商品の種類」立地条件などによって変わってきます。

横浜市・川崎市での外壁リフォームの施工事例

外壁の水洗い(高圧洗浄)を行い、下地調整(養生)、下塗り・中塗り・上塗りと3回塗りで行っていく工事です。

外壁材により防水工事(コーキング)、木部鉄部の塗装も行っていきます。

外壁材の防水効果を高めて、紫外線・雨風から長期的にお家を守るためにとても必要な工事です。

 

WADACHI 轍建築ってどんな会社??

 

私たち轍建築は、地元の屋根壁専門のリフォーム店として、「屋根リフォーム・外壁リフォーム・防水工事」と雨や風から、お家を守る工事を主とした業務に取り組んでいます。

 

地域密着対応

地図
私たちは横浜市・川崎市を中心に最大で神奈川県東部エリア地域にて活動しています。

屋根リフォーム・屋根修理・外壁塗装の無料現地調査・点検・お見積もり対応しています。

「何かあったら直ぐに駆け付ける」を強みに迅速な対応を行っています。

安心費用


活動エリアを横浜・川崎市中心に限定して、

無駄な交通費・時間の削減を行い適正価格での

費用のお見積もりをさせていただいています。




的確なプランのご提案


私たちは決して会社都合での提案はせず、

お客様の将来設計と劣化状況等を考えた上で

的確なプランのご提案をさせて頂きます。




安心の保証

屋根リフォーム工事にて「施工10年保証」

屋根・外壁塗装工事の場合は「施工5~8年保証」

とさせていただいています。

その他、アフターメンテナンスの対応、

万が一のトラブルにも迅速に対応致します。


かし保険

 

㈱日本住宅保証検査機構

JIOリフォーム瑕疵保険登録事業者です。

保険のご利用ご希望の方は、ご案内致します。

かし保険についての詳細はこちら>>

雨漏り工事のプロフェッショナル

 

現地調査には、「雨漏り診断士」「外装劣化診断士」

の資格を所有した、

雨漏りに対する、「診断」「対策」「解決」

のプロが伺います。


本物の技術と安心感!!

 

轍建築の職人は、常日頃から営業と職人同士のコミュニケーションや、念密な打ち合わせ、勉強会を行って、日々技術の向上を意識して職務に励んでします。

その為、意識レベルの高い仕事をこなすことによって本物の仕上がりが生まれてきます。

 

32写真データ 

 

横浜・川崎エリアで業者選びに迷ったら??

 

「どこの業者が良いんだろう?」・・・と業者選びに迷ってしまう方は多いと思います。

ただ、よくあるのが迷っている間にどんどん先延ばしが続き、気づいたころには半年、1年経ってしまった・・というお客様もいらっしゃいました。

やろうと決断したのは、「雨漏り」してからでした。

そうなっては、小さい工事も大きくなってしまう可能性があります。

考え始めた時が、一番のリフォームのタイミングではないでしょうか。

ご検討中であれば、まずは一歩、無料のお見積もりを取られてみることをお勧め致します。

轍建築では横浜市・川崎市、神奈川県東部にて「無料での点検・調査」を行っています。

もちろん、無理な営業はしませんし、工事をするしないは別ですのでご安心ください。

まずは無料お見積もりご希望の方はこちらから↓↓