横浜市南区のS様邸にて、破風板金工事を行いました。

今回のS様邸は、破風板に塗装を行っても下地の状態が悪く、直ぐに3年過ぎ位から、表面の塗膜が剥がれ始めて、塗装をされていたそうです。

毎回、塗装をしていたら、メンテナンスコストが高くついてしまいます。

その為、施主様にはじめは、破風板の交換を依頼されました。

ですが、破風板の交換を行ってしまうと、高く費用がかかる上に数年後には塗装が必要になってきてしまいます。

そのため、工事費用もそこまで高くなく、半永久的に持つ破風板金工事をご提案させていただきました。

今回は破風板金の工事内容をご紹介いたします。

破風板金とは?

破風板金工事とは、破風板部分にガルバリウム鋼板を被せる施工方法です。

ガルバリウム鋼板を被せる事によって、半永久的に塗装によるメンテナンスがいらなくなります。

(日焼けにより板金の色が色落ちはしてきますので、見栄えのために塗装することもあります)

破風板金施工内容

施工前の状態です。

表面の塗膜が剥がれ始めてきています。

綺麗な部分は、施主様がご自身で塗装をされたそうです。

下地調整を行い、ガルバリウム板金を破風板に取付けていきます。

板金は釘を破風板に打って取付けていきます。

軒天との取合い部分もしっかりと巻き上げていきます。

工期は、1日で仕上がりました。

工事のまとめ

破風板は、外壁とセットで塗装を行う付帯部分です。

ですが、どうしても外壁材と比べて劣化スピードがとても早いです。

破風板は目立つ部分にあり、剥がれてくると気になってしまいます。

塗装の目安としては5年周期と言われています。

それでは、足場の設置も必要なためメンテナンスコストがかかってしまい大変です。

そのため、一度の施工で長期間メンテナンス不要である破風板金工事はおススメです。

仕上がりもとてもキレイで意匠性に優れており、もちろん耐久性もばっちりです。

外壁塗装や屋根塗装を行った際に足場を設置されましたら、一緒に破風板金工事も選択肢の一つとして検討してみてください。