横浜市南区のT様邸にて、外壁と木部鉄部の塗装工事を行いました。

築30年以上のお宅ですが、定期的にメンテナンスを行われていたので、全体的に比較的キレイな状態で、お家が保たれていました。

今回の工事で外壁は、旧塗膜の劣化に伴い塗装を行います。

木鉄も同様に、旧塗膜の劣化、錆の進行により塗装を行っていきます。

今回は外壁・木鉄塗装工事の事例をご紹介いたします。

劣化状況

外壁の旧塗膜の劣化によって、チョーキングが発生していました。

金属サイディング壁も劣化すると、錆て穴が空いてしまうので、塗装によるメンテナンスを行っていきます。

木部部分が腐朽してきています。

とくに、木の継ぎ手箇所は、雨水も隙間から入って溜りやすく、木部分が傷みやす箇所です。

鉄骨の柱部分の錆びの発生を確認しました。

鉄骨は、年数が経過すると何度塗装しても剥がれやすくなってしまいます。

今回もしっかりとケレンを行って、錆止め塗布後に3度塗りで仕上げていきます。

霧除けの錆びの発生を確認しました。

換気フードの影響で、出口付近の鉄板が傷んでいます。

状態を確認して、表面上の問題でしたので、しっかりと下地の調整を行って、ウレタン塗装で仕上げていきます。

施工事例

仮設足場の設置後、高圧洗浄を行い、各種窓まわりや玄関回りなどをビニールで養生を行っていきます。

外壁塗装工事

1発目に、下塗りを入れていきます。

金属サイディングと中塗り材を、しっかりと密着させるために入れていきます。

下塗り後に、中塗りを入れていきます。

中塗りが乾いたら、再度上塗りを入れていきます。

金属サイディングの継ぎ手部分の隙間も余すことなく念入りに仕上げていきます。

木部鉄部塗装

破風板・軒天・霧除け等の、木部・鉄部をウレタン塗料にて仕上げていきます。

外壁。木鉄塗装が終わり、足場を解体したら、お家のまわりを清掃して完了となります。

今回は、外壁・木鉄塗装共に、関西ペイントのセラMレタンにて塗装を行っています。

とても艶があって仕上がり後は光沢があってとても見栄えが良くなります。

また、金属サイディング・木鉄には相性も良いのでおススメの塗料の一つです。

工事のまとめ

金属サイディングも、一般的には塗装不要というイメージがありますが、材料に鉄が使用されており、その部分が経年劣化で錆びて材料が悪くなります。

そのため、他の外壁材よりも耐久性は高いですが塗装によるメンテナンスは必要となります。

木鉄も、10年前後で錆びたり、腐朽したりするので定期的な塗装が長持ちの秘訣です。

腐ってしまう前に、塗る事で雨漏りやシロアリの発生を防ぎ、大きな工事にならずに済みます。

費用等の問題もあると思いますので、しっかりと将来を考え、メンテナンスの計画を立てていく事がとても大事です。