横浜市南区のA様邸にてクリヤー塗装工事を行いました。

施主様はコーキング材の劣化が気になられており複数社に相見積もりを取られ、地元で会社が近くで安心だからという事と金額面の内容にご納得いただきお任せいただきました。

築10年を過ぎてくると、壁と壁の継ぎ手部分の目地コーキングが、劣化して隙間が発生してしまいます。

コーキングの工事をメインとして、外壁と付帯部分の塗装をしっかり行っていきました。

外壁の劣化状況

34

コーキング材の劣化により、目地コーキングが傷んでいます。

全体的に、劣化を確認しました。隙間から雨水が入りこみ内部を傷める原因になります。

サイディング材の浮き、割れ等の原因となります。

最悪は、内部の透湿シートを傷めて、雨漏りの原因にもなってしまいます。

am3

コケや藻が発生していました。

その他、外壁材の剥離やチョーキングも発生しています。

外壁塗装の施工事例

工事着工前は、しっかりとご近隣の方にご挨拶を行ってから工事へと入ります。

今回は単管パイプで、足場を組んでいきました。

am1

仮設足場の設置後に、高圧洗浄と養生を行っていきます。

その後、下地調整を行い塗装作業に入ります。

タイル調サイディングには、クリヤー塗装を下塗り、上塗りと2回塗りで仕上げます。

窯業サイディングには、下塗り・中塗り・上塗りと3回塗りで仕上げていきます。

細かい付帯部分と目地コーキングを打ち替えていきます。

最終チェックをしっかりと行い問題がなければ、仮設足場の解体を行っていきます。

塗装工事の完了です。

atei8

ウッドデッキの塗装工事を行いました。材料はキシラデコール2回塗りで仕上げています。

木は腐りやすいのでウッドデッキも定期的な塗装をがススメです。

腐ってしまうとシロアリの発生や、塗料がのりませんので、理想は5年に一度塗装を行うと良く長持ちしていきます。

工事のまとめ

タイル調サイディング箇所はクリヤー塗料、窯業サイディング箇所はウレタン塗料で仕上げています。

クリヤー塗装は今ある外壁の色合をそのまま残すため、透明な塗料で塗装をする方法です。

あまりサイディングの下地が傷んでいると、傷みがそののま見えてしまう為、塗装できなくなる場合があります。

そのため、築10年前後に塗装するのがおススメとなります。

使用材料・保証期間

外壁材は、日本ペイントのUVプロテクトクリヤー、関西ペイントのセラMレタン

付帯部分は関西ペイントのセラMレタンで仕上げています。

外壁塗装工事の保証年数は5年間となります。