5

横浜市戸塚区のY様邸にて外壁塗装、バルコニー防水工事を施工しました。

築10年目のお宅で、お隣で外壁塗装工事を行っている際に、一緒に工事をさせていただきました。

正面玄関をみると、塗膜の色あせはしてきているものの劣化状況が少なく、まだキレイでメンテナンスの必要性をあまり感じません。

ですが、外壁の調査を行っていくと、日当たりの良い箇所には、外壁材の「細かいひび割れ・剥離」の発生、コケや藻、カビが発生しておりました。

一般の方では、このようにお家の劣化状況にはなかなか気づかなく雨漏りなどをしてからメンテナンスの必要性を感じる方が多いです。

外壁の劣化状況

y2

壁ひび割れ、コケや藻の発生で外壁材が雨水を吸収している証拠です。

y3

カビの発生を確認しました。

塗装の塗膜でお家を保護していくため外壁の塗装工事を施工していきます。

外壁塗装の施工内容

仮設足場を設置して、メッシュ養生を行っていきます。

y8

その後、高圧洗浄を行っていき「ビニール養生」、「下塗り」、「中塗り」、「上塗り」と3回塗りで仕上げていきます。

付帯部分の破風板、軒天、帯板、雨樋なども塗装していきます。

15

外壁塗装の完了です。

バルコニー防水工事

y9

バルコニーがモルタル床の場合、雨水を吸い込み内部の防水シートが劣化すると雨漏りの原因となります。

モルタル面を、防水していき水の侵入を防いでいきます。

下地調整」(掃除・コーキング補修)

プライマー」→「ウレタン防水」の順番で仕上げていきます。

基本的に、乾かしがあるため、2~3日かけて防水の作業を行う場合が多いです。

最後に「トップコート仕上げ」を行っていきます。

y10

防水工事の完了です。

工事のまとめ

屋根、外壁、バルコニーのセットで塗装と防水工事を行っていきました。

いかに水の侵入を防ぐかでお家の耐久年数が変わってきますので、早めのメンテナンスはおススメです。

とくに築10年過ぎてしまうと、耐久性能は一気に落ちてくるためどんどん水が内部に侵入し、見えない所でお家を傷めています。

まだ、大丈夫だろうと考えてしまうかもしれませんが、築10年前後になりましたら、点検を行っていき現在の劣化状況を把握しておくことが大事です。

使用材料・保証期間

使用材料はSK化研のプレミアムシリコンを使用しています。

メーカーの期待耐用年数は15年と非常に高耐久なお勧めの塗料です。

とくに、モルタルやリシン系の外壁材にはおススメです。

外壁と屋根塗装の保証期間は5年間となります。