横浜市南区のS様邸にて、雨樋の取付けを行いました。

S様邸では、新規で1Fに寝室増築のご依頼をいただき、増築工事を承りました。

基礎から、骨組み躯体2×4での工事を進めていき、屋根葺き・サイディング壁取付・板金工事・内装工事と完了して最後に雨樋取付けの施工事例です。

新規の取付けのため、解体とかはなく軒樋1本と竪樋、集水器の取付けのみ行っています。

片流れの屋根形状で非常にシンプルな雨仕舞としては抜群ではないでしょうか。

今回は雨樋の新規取付の事例をご紹介いたします。

施工事例

水を流す方向を決めて、雨樋を取付けるための金具を設置していきます。

(今回は、左から右側に水が流れるような仕様になります。)

まずは、勾配を考えて金具を両端に取付けていきます。

両端に金具を取付けたら水糸を張っていき印をつけていきます。

印をつけた箇所に、金具を取付けていきます。

あらかじめ用意しておいた雨樋の材料を、寸法通りにカットして取付けた金具に雨樋を設置していきます。

軒樋と、竪樋のつなぎ目の集水器も一緒に取付けていきます。

軒樋の取付が終わりましたら、竪樋を取付けていきます。

下に排水口がありませんので下に竪樋を流さずに、既存の竪樋に接合させて雨水を流していきます。

既存の樋をカットして、接合のジョイントを設置して竪樋の取り付けも完了です。

角樋で丸樋よりは強固で水の量も多く流すことが出来て、オーバーフロー(水漏れ)もしにくいです。

色合いも茶系で、デザイン性も優れていると思います。

まとめ

屋根に流れた雨水をまとめる大事な役割を果たしている雨樋の取付けを今回ご紹介いたしました。

作業の中では、比較的に最後の仕上げとして雨樋の取付けが入ります。

屋根や壁などを取付けないと雨樋は設置できないからです。

雨樋も状況に応じて、とくに竪樋は取付方法が変わります。

そのため、接合パーツも幅広く出ています。

工期は、長さによって半日から2日間程度で一般のお宅は解体から取付けまで完了します。

雨樋の事で、ご質問やお見積もりとうご希望ございましたら、お気軽に、轍建築までお問合せ下さい。